スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson 4

今日の昼食は職場の建物の裏の竹林で採れた筍をさっとゆがいたタケノコのお刺身。ってゆうかなんで職場でタケノコが採れるのか、そしてわさびまであるのか。不思議です。急いで食べないとすぐ苦くなるけどおいしかったです。食後は今日もばよりん練。(なぜばよりんを練習するような場所があるんでしょう。それも謎です) まだ見ててもらわないとすぐに好き勝手なフォームになってしまいます。

冷たい雨の降る中(4月も下旬だというのにこの寒さはなんなの!)、レッスンへ。まず開放。右手の指の場所と傾き加減、肘の位置、肘より下の腕の部分の動かし方などをチェックしてもらいながらギコギコ。

☆余談☆

今、肘から下の腕のことを「一の腕」(二の腕に対して)と言うのかと思って調べたら、そもそも肩から肘までの腕(今の二の腕)を「一の腕」と呼び、肘から下を「二の腕」と言っていたそうです。それが「二の腕」が誤用されて肩から肘を「二の腕」と言うようになったらしいです。一とか二とか使わないで言うなら「上腕」「前腕」といえばいいらしいです。

☆余談おわり☆

次に左手。相変わらずぎこちないけれどdownとupで2回ずつ、A線とD線で先週と同じ音階を練習しました。(普通downから弾き始めるらしいです。私はいつもupからなので、downから弾きましょうとチェックが入りました) 次に隣同士の音を1回ずつ2回弾いて上昇していくパターンを。(ラ→シ→ラ→シ、シ→ド#→シ→ド#) ひー、大変だー。

いつも中指を手前に置きすぎてしまい、弾いた後に滑らせてしまうクセがついているらしく、中指を最初から正しい場所に落とすように言われました。相変わらず気づくと肘がゆるくなっていて、指の位置が苦しくなっています。でもひーひー言いながらも弾きました。

今日はかなり進んだ、と先生はご満悦。そう言ってもらえると嬉しいけど左手はなじむのにまだまだ時間かかりそうです。でも弾くのは楽しい!

来週は連休中なのでお休みにしてもらいました。習ったことを忘れないようにしなくちゃ。

今日で習い始めて1ヶ月たちました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。