スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表会!

今日はいよいよ発表会です!足のむくみ予防の靴下を履いて寝て、朝も顔むくみ予防のため早起きしました。(楽器よりむくみ…)

あまりの暑さにタクシー利用。懐かしのロージナ茶房で腹ごしらえをして(相変わらずうどんみたいなパスタでした…)、いざ発表会の会場へ。

バタバタする中、合奏の練習をしました。昨日とは違う配置で先生の隣!オケでいう(対面配置の)セコバイのトップサイドです。イヒヒ。昨日よりは弾ける!と思って音程をさらによくしようとした矢先、弓がわからなくなり、なんか一人で弓が逆になってるかも!と狼狽。(っていうか逆になっているのかなっていないのかもわからないアホ)

それから上級者の合奏だったので客席で見学。みんなお上手です。ビブラートすごーい。音域もたかーい。(感想のレベルがひくーい)

それから時間がおすなか、ソロの合わせ。椅子を片付けたりバタバタしているなか、こそっと合わせてもらいました。なんかまだテンポが定まらない…。昨日は最初すごく遅くて、2回目はちょうどよかったんだけど、今日は速い気がする…。終わったあとピアノの先生に「速かったり遅かったりしたら、弾きやすいように弾いちゃっていいのよ」と言ってもらったけれどそんなテクはない私。聞こえるものに合わせて弾く習性が…。とばよりんの先生とうなだれ。

まぁなるようになるだろう、と控室でのんびり。畳の部屋なのでくつろげました。そこに姉弟子2人もやってきて、3人でおしゃべりしてました。姉弟子といっても、私より若いかわい子ちゃんでありましたが。

そして本番。客席はほぼ満席で、入口付近で立ち見。ここでひょっとしてこの人ゆきさんかも、という人を発見(後ろ姿ですが)、のちほど判明しましたが正解でした。

それから聴きに来てくれたAちゃんと会えたので控室でおしゃべり。久しぶりで話がはずみました。ってゆうかAちゃんとおしゃべりするのは、以前私が入院した時にお見舞いに来てくれた時以来。なんだかいつも大事な時に駆けつけてくれるAちゃんでした。ありがとう。

母や後輩Eちゃんがきてくれているのも確認したうえで、いよいよ本番です。

休憩あけのトップバッターだったので、なんだかバタバタしているうちに始まってしまいましたが、ピアノの先生とのテンポはばっちりでした。「たくさん人がいるなぁ」(休憩終わったら帰っちゃうかと思っていたので)と思いながら、案外落ち着いてるじゃん、と余裕で曲が進んでいくはずが、右手が震える! 今まで右手が震えたことなんてなかったので軽くパニックでした。音が~、出ない~っていうか出た音が消えていく~。

しばらくすると左手もちょっとおかしな具合に。若干ずれポイントがいつもより多かった気がします。

まぁそれでもどうにか曲が終わり、お辞儀。楽器が裏向いてたのはご愛敬ってことで(ぉぃ)

思い返せば、ちょっとバタバタ、軽くパニックにはなったものの、初めての発表会ということで悔いのない演奏はできたかなぁ、という感じです。(自分で若干ハードル下げた感はあったけど) なんといっても気分のいいテンポで弾けたことがうれしかった!(リハまで散々気になっていたので) 終わったあとも、ピアノの先生と「テンポがバッチリだった!」と喜び合うことができました。

あぁ、もう終わったぜ。

大間抜けな私は、楽器を片付けただけではなく、まんまと着替えそうになりました。しかし合奏が残っていたことに急に気付いて、着替えなくてよかった~。(一応着替えもワンピースでしたが、ちょっとカジュアルすぎだよね、という服)

合奏は、たぶん弓を間違えたと思います。DVDに映っているようだったら確認するのが楽しみです。(えっ?)

そのあと「気が向いたら弾く」とおっしゃっていた先生のソロ。1曲目がマズルカ、2曲目がパガニーニのカンタービレ。どちらもステキでした。特にマズルカは先生の雰囲気に合っていると思いました。かっこよかったなぁ。

というわけで本当に終わりました。すっきり!知り合いも増えたし、来年も楽しみです。

余談:一緒に控室でくつろいでいた、姉弟子ちゃんの肩当てを間違ってつけて合奏に出てしまいました。本当にごめんなさい!彼女は「ねこふんじゃった」と「トルコ行進曲」は肩当てなしで弾きました。次の上級者の合奏の直前に、「肩当て貸してもらえませんか?どこかに行っちゃって」と言われ、降り番の私がお渡ししたんだけど、よく考えたら私は一度楽器を完璧にしまっているから、ひょっとして私が彼女の肩当てを使っているかも!と思って合奏中、気が気ではありませんでした。(結局私が使っていたのでした…)

終演後、ゆきさんと初めまして、のご挨拶をして(ブログやコメントからわかるように、マメで女性にもてそうな感じの人でした ← ご本人は否定されていましたが)、母と「農家の台所」で打ち上げしました。

コメントの投稿

非公開コメント

あ、あれ!?

ムスーさん、こんばんは。
あらら?こちらのブログ・・・リアルタイムでアップされますか?
発表会終わったのに、更新されないな~なんて思ってたんですけど。^^;

今さらながらお疲れ様でした。
ムスーさんの演奏、すごく落ち着いていて音ちゃんと出てましたよ♪
ただ普段ならもっと弓がびしっと決まって、太い音が出ていたのでしょうね。
あ、あれが「顎あてカバー」なのねって思って見ていましたよ。


そんなにテンポに苦労されていたとは思いませんでした。
自分なりの曲のイメージというのがありますもんね。
先生はわりとゆっくり目がお好きなようですし・・・^^
聴いた感じ、ちょうど良いという感じでしたよ、あまりテンポ早くても弓が小さくなってしまいがちだし・・・


しかし発表会でそんなアクシデントが・・・
それは姉弟子さんも焦ったでしょうね、ムスーさんも冷や汗ものです。
ま、ソロの時じゃなくて良かったですよ。ww


ロージナ茶房行かれたことあるんですね。
「農家の台所」は僕まだ行ったこと無いんですよ。
あそこ料理美味しいですか?



おはようございます!
ご指摘の通り、リアルタイムではアップしておりません。何月何日に何があった、という備忘録も兼ねているので過去日付でアップしております^^;

わーわー言ってた発表会からもう結構日がたってしまいました。また練習の日々ですね。

国立は学生時代に縁あってしょっちゅう行っていたので、ロージナにもよく行ってました。「農家の台所」は珍しいお野菜が食べられるのでいいと思います。おいしいし。ですが、リーズナブルではないです…。

こちらでは、はじめまして♪

以前からお邪魔はしておりましたが、コメは初めてです。

初めての発表会、何はともあれお疲れ様でした。

>右手が震える!
>今まで右手が震えたことなんてなかったので軽くパニックでした。

ものっすごく、よくわかります…!
私も初めての発表会の時、右手どころか、左手も、っていうか弾き始めてから足ガクガク、全身ブルブルで、パニックに陥りました…。
私はちょうど真ん中あたりの演奏順だったのですが
前の演奏者の方々を見ていて、「わ~、みんな緊張してるなぁ~!」と他人事のように眺め、自分の番で舞台に立っておじぎして、弾き始める直前までは淡淡としていたにもかかわらず…。

心臓が煽ってしまって精神的にも肉体的にもきつかったので、多分ヴァイオリンの発表会は二度と出ないと思う、おばさんなのでした…。
誰も招待していなかったのが、せめてもの救いでしたよ…ほっ。

ムスーさんは来年が楽しみになる、よいステップになられたようでうらやましい限りです。
ご自身が楽しんでいらっしゃるから、駆けつけてくださった皆さんも楽しんでくださったのでしょうね。
次の発表会の朗報を期待しています♪

初コメ、ありがとうございます!

ありこさん、初コメありがとうございます!実はわたくしもありこさんのブログを拝見したのですが、ごはんもすごいし、チェロもばよりんもすごい!ということで読むので精いっぱいでいまだコメントせずです m(_ _m

やっぱり震えるものなんですね~。私はオーケストラでホルンを長年吹いていて、舞台慣れはしているつもりでしたが、やはり1人で弾くのとオケは違うからなぁ、なんて悔しく思っていました。

まぁでも基本お祭り好き、晴れ舞台好きなので、次の舞台も楽しみです。たとえ下手っぴであろうとも(爆)

本当はオットに一番見てもらいたかったのですが…、出張で不在で残念でした。姉弟子たちはやはり彼氏が来てました~。

これからもよろしくお願いします。私も遊びに行きますね。
プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。