スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顎あてカバー。

びよりすと(Violist)のお友だちAちゃんがお手製の顎あてカバーを作っていたので、私も作ろう!と奮起。作り方を質問してみたところ、説明書をfaxしてくれました。この説明書がまた手描きでステキ!!

とはいえ、超ぶきような私、しかも家にミシンなし。というわけで実家へ行きました。母はものすごく器用で、子どものころの服は母が作ったものがかなり多かったのです。

土曜日に訪ねて行くと、今はまっている、というヴィクトリアンキルトのポーチを作っていました。すごいー、ナニコレ。

説明書を見ながらビシバシと作業を進めていく母。ぽけーっと眺める私。父には「なんだ自分で作らないのか」と笑われました…。母に「ヤフオクにもこういうの出てたんだけど3,000円くらいだったよ」と言うと目がギラリ。「お母さんも作って売ろうかなぁ」と言ってました。

そして完成!私はあまりセンスがよくないので、柄はわからない…と思って黒でシンプルにしました。(お友だちのはかわいい柄ものでした)

agoate

さっそく弾いてみましたが、快適!ありがとう、おかあさん。そしてAちゃん。

コメントの投稿

非公開コメント

アゴあて

アゴあてのカバーですね。
アゴあてを止める金具の近くにある、テールピースを止めてる突起が首に当たると痛いです。。。
カバーを付けると安定感も増しそうですよね!

私は汗っかきなので、顎あてが肌に直接あたるとベタベタして気持ち悪いんです。でも、発表会で見たけどハンカチとか当ててる人はほとんどいなかったですね・・。
プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。