スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)15 抜本的改革ナリ。

先生のおうちはとても立派なマンションです。エントランスから入って一番奥に先生のおうちがあるので、結構歩きます。おうちの入り口近くで先生の旦那さんにバッタリ会いました。初めましてです!

スケール(ファーストポジションで1音1弓から、8音1弓まで)

今日は今までで一番よくできたかも!指をめちゃくちゃしっかり押さえた甲斐がありました。なぜか先生が「そろそろ8音を1弓でやってみますか?」とおっしゃって、一瞬「???」「それ今最後に弾きました…」先生 orz 「最近だめなのよねぇ」 ふふふ。というわけでさらに上の16音1弓をやることになりました。弓を返さなくていい分楽かも。

SEVCIK

No.5 →

今回のパターンは史上最高に難しかった…。D線のファがソやラにつられてさすらうのです。ここで先生からアドバイス。人差し指の付け根を楽器にしっかりとつけましょう。おぉ、弾きやすくなったぞ。先生は魔術師です。

No.11 →

スラーのときはたっぷり弓を使い、そうじゃないときはちょいちょい。いつも言われていることですが、この練習でも反映させること。

No.23 →

重音って長く聞いていると頭がグラグラしてきます。下手だからですけど(爆) うわんうわん言ってます。A線のレの音をしっかり決めること。

宿題は、No.5の続きを2つ。No.11のパターン8。No.23の続き。

WOHLFAHRT

No.14 → 分散和音。E線を弾いたあとにA線を弾くときがうまくいかないので、そこを返しました。肘をうまくつかって、移弦し、ちゃんと用意してから弾く。これをしっかり守ってもう一週です。音程が定まらないところは、近くの指をうまく使って工夫すること。(前に弾いた指をしばらく押さえておく)

ロマンス(Rieding)

最近、音が汚くなっちゃう箇所が固定してきたのでなぜそこがそうなるのか、を考えながら弾くようにしてみました。

移弦のスラーは、直線で移動するのではなく曲線で移動するように。

G線を弾く時は、右手で楽器の上にトンネルをつくるように形を意識すること。(楽譜に「トンネル」と書き込み)

楽器をもう少し上げて弾くこと。

そして、今まで特につっこみはなかった弓の持ち方について、修正が入りました!これはかなりのchangeですよ!親指を曲げること。小指をつっぱらないこと。鉛筆やお箸を使っての練習方法も教わりました。さっそく長い鉛筆をゲットしなくては。

これで音色がよくなるといいなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

セビシックNo5、運指のパターンが変わると難しいですよね~汗
前の運指パターンを指が覚え込んじゃってるから・・・

ウォルファートNo14、僕こういうの得意かも♪
分散和音て言うんですね。
それよりNo13の出来、ヒドすぎ・・・延々と長いし。


発表会20日だそうですね。
参上します!

WOHLFAHRTのNo.14が得意なんてすごすぎです!久しぶりに一回で通りませんでした(汗) 分散してるから指を置く場所がどこかすぐわからなくなるし…。先生にガイドみたいのを書き込んでもらって、だいぶマシになりましたが、いつもドに#をつけ忘れて間抜けな音楽になってました。

20日お待ちしてます!19日もリハです…。
プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。