スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson 1

今日から正式にばよりんレッスン開始です。しかしお昼の雷にはびっくりしました。帰りも雨降ってたし、楽器を持っていて天気が悪いのは本当に困ります。

それにしても慣れないもんだから何をするにも時間がかかります。まず弓を張って、楽器に肩当てをセットして、今日は自分で松脂をつけて。それだけで一仕事です。ふぅ。

で、構え。かかとはこぶし大くらいに開いて、つま先は外側。右足をちょっと後ろにずらして、左肩を軽く前に出す。楽器に顎を乗せて挟む。ちょっと顎当てが当たる部分があって痛いと先生に言ったら、一番目の細かい紙やすりでちょっとこするといいと教えてくれました。

弓の持ち方は、親指と中指をくっつけて(きつね風)、だら~んと下に下げ、そのままの形で縦に持ってから人差し指、薬指、小指を添えます。右手難しい~。

最近A線を引くと変な倍音が出てしまうので言ったら、ちゃんと弦に対して弓が均等に擦られてないからとのことでそれに気をつけながら弾きました。でもA線は手首を変に返してしまうらしいです。何度も直されました。次にD線を弾いたら、D線はきれいに弾けているといわれたので、一人で練習する時もA線で手首が変になってきたらD線を弾くようにと言われました。

G線とE線もちょっと弾きました。

あっという間に40分。片付けるときに肩当てをはずすのをいつも忘れます…。(あれ?入らない、でやっと気づくニブい私)

ホルンはできて当たり前、うまく吹けないとだめって感じでなかなか厳しいけど、ヴァイオリンは始めたばかりでそういうのがないから素直に楽しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。