スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)14 ねこふんじゃった。

梅雨入りしたけど、晴れて暑いですねー。でも楽器持って歩く身としては雨が降らないのはありがたいことですな。友人のブログなどで「梅雨で楽器の調子がイマイチ」とか書いている人も見受けられますが、私はそんなこともわからず、いつも通りです。初心者ならではなのか、私が鈍感なのか。

スケール(ファーストポジションで1音1弓から、8音1弓まで)

今日の課題は「とにかく指をしっかり押さえる」。いつもよりはヨレた音が少なかったような。しかしどんなに頑張っても下降系のA線のミ(4の指)は届かない…。

SEVCIK

No.5 →

いつも文章だけなのでたまには楽譜を。

no5

今はD線をやっています。いつもソの音が低いとわかっているのに、ついついまた低くなる。学習能力が…。今回から2つ(2小節で1パターン)なので、疲れる前に終わるのが助かります。前は疲れて4つ目くらいからボロボロだった。

No.11 →

no11

スラーのときは、「1つ目の音を弾いたら2つ目も弾いちゃった」という感じで弾くこと。その方が弓がバタバタしないので。

No.23 →

no23

楽譜通りだと1弓で弾くんだけど、最初は1つの音から。それでうまく行ったら2つ、それから4つ。どうしても両方が同じ大きさできれいになることが少ない。

宿題は、No.5の続きを2つ。No.11のパターン7。写真にもあるように、中弓から弾いて、弓の配分をしっかりすること。No.23の続き。

WOHLFAHRT

No.13 → 出だしの重音もさることながら、その後の16分音符も微妙。テンポもフラフラで先生に拍を打ってもらいながら弾きました。そして今回も「これ何回目だっけ?」「1回目です」。そして終了。まぁいいや、また練習します。

宿題は、No.14。これまた激しい分散和音。こんなのできるのかと思ったけど、先生が「1つ目だけ分けて、あとをまとめて弾くようにね」確かにそうやって見ると、いけるかもしれない。頑張ってみます。

ロマンス(Rieding)

前回の注意事項ができるようになったかな?

・ついつい弓幅が小さくなってしまい、音もイマイチな感じになるので気をつけること。

→ できるだけ弓幅を大きくしたけど、パッセージが難しいところは小さくなってしまう。

・8分音符2つにスラーがある場合は、1つめでたっぷり弓を使うこと。

→ たっぷりとまではいかないけど、多めになったかな。

・出だしはきちんと構えて、ちょっと脱力して、ちゃんとブレスしてから弾くこと。

→ ブレスはできるようになりました。

今回見てもらったのはダイナミクスについてです。息の長いフレーズも、短いフレーズも強弱記号があったら反応して表現するように。

「トルコ行進曲」「ねこふんじゃった」

発表会での合奏の曲ですが、自分の曲でいっぱいいっぱいでちょろっと見ただけでした。今日、先生と一緒に弾いて、2回目は先生と合奏しました。ちゃんと弾けるようにしておかないと恥ずかしいのでちゃんと練習しようっと。

指をなるべくしっかり押さえるようにしたんだけど、まだ音がへにょる。先生に言うと、右腕の力のかけ方も工夫がある(というか上手なやり方がある)らしいです。ちょっと気をつかってみます。

いよいよ明後日はピアノ合わせだー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。