スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)9 中指ヒリヒリ

ちょっと風があったので、桜吹雪の中を歩くことができました。風流です。午前中に張り切って爪を切ったら、中指はかなり深爪になってしまいました。キーボードを打つとちょっと痛いです。

さてレッスン。

スケール(ファーストポジションで1音1弓から、8音1弓まで)

今日はなぜか4音スケールがへなちょこ。そのわりに8音スケールはマシでした。(でもヘタだけど) スケールってうまくなることあるんだろうか…。いや、ならなくてはまずいのですが。

SEVCIK

No.5 →

No.11 → 最後の音が誤植でした。なんで解決しないんだろう、とは思っていましたが。

宿題は、No.5の続きとNo.11のパターン1(勝手に命名。2つスターのパターンです)

No.11は移弦の練習かつ、指を置いたまま別の弦を弾く練習。むずかしー。

WOHLFAHRT

No.7 → (とはいえ、かなりヨレヨレでした。)
G線の指があいまいすぎるので要確認です。

宿題は、No.9 D-durの練習。6/8の曲で6つスラーなんだけど、最初は3つずつにわけて練習するように、との先生のお言葉。

Concertino(Kuchler) III.Rondo

一応。出だしをちょっと弾いたところで、もっと弓を使うように、と言われて(いつもの注意!)、弾き直したらだいぶ雰囲気変わりました。やっぱりG線がかなりヘロヘロ。

そして新曲。O.RiedingのConcert in H moll Op.35の1楽章です。先生と一緒に弾いてみました。今回の曲は弓の配分はほとんどはきれいにきまっているので、それの悩みはないのですが、きれいな曲なので朗々と歌うようにがんばろう!

なるほど、と思ったこと。オクターブのスラーが出てくるのですが、指は先に押さえておく。たしかに押さえてからのほうがきれいで途切れないです。

来週は先生のご都合でレッスンお休みです。たくさん練習するぞー。←いつも言ってる。

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

だいたいおんなじ所やってますね。笑
でもまだウォルファートはno6が宿題です。
スタカート・・・苦手です。
ムスーさんのブログ見てれば次何やるか大体わかりそうですね~。

同門ならでは

そしたらゆきさんも次はRiedingですかね?
私はWOHLFAHRT好きだけど、あまり上手じゃないです。前にゆきさんの録音聞いてあまりの上手さに愕然としました。
しかも先生の前だと、できたこともできなくなったりして(汗)

O.Rieding

ムスーさんとは全然経験値が違いますので、同じ曲をやるかどうかは分かりませんね。
でも可能性はあるので、どんな曲かな~って探してみました。
パールマンの音源ありましたよ!↓
http://www.youtube.com/watch?v=dhvIiXonxzI&feature=PlayList&p=61978C799410CDF9&playnext=1&playnext_from=PL&index=7
すごくきれいな曲ですね。僕もこれ弾きたいな~ってい思いましたよ♪

ウォルファートNo6、いま練習してるんですけど・・・スタカート苦手です。
なんでキュヒラーも苦戦中です・・・

パールマン!

素晴らしい情報をありがとうございます!
ゆきさんYoutube使いこなしてますよね。私も一応探したのですが、1/4ばいよりんで弾いてる天才少女とかの映像しか見つからず…。
さっそく見ます。

ごめんなさい!

あら?この曲違いましたね!?
申し訳ないです~汗汗

んん?

同じ曲?
表記の違い?
コメ連発失礼しました・・・

これです!

ゆきさんのblogにもあった通り、40秒あたりが演歌ちっくなこの曲です。
先生いわく3楽章が面白いらしいので楽譜をもらうまでは3楽章聴くのはガマンしようとおもっています。
プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。