スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)3

レッスンにて。最初にスケールをやるのですが、先生に「管の人って感じ」と言われました。要はしみじみだらだらと長いらしいです。しかも私は弓のスピードが遅いので、なんだか延々弾いているのです。というわけでもうちょっとスピード感を持とう、という課題が出ました。 あとは弓を水平に動かすこと。じゃないと音がかすれて妙な音がたくさん出てしまいます。

ところで心血を注いでいた(おーげさな)、モーツァルトのバレエ音楽は2段目までしか練習していなかったのですが、それ以降は先生と一緒にその場でやって○をもらって終りになりました。あれ?

先生曰く、あまり1つの曲にこだわっていてもしょうがないのでさくさく進んだほうがいいとのこと。というわけで今度はなにかの教本(ホーマンというそうです)のデュオの曲です。弓の配分の練習をしながらの曲なので、弓をたっぷりつかったり、セーブしたりしながら弾きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。