スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)135 ガングリオーン!

最近、お父さんのお仕事の都合で海外に行ってしまった子が何人もいるらしく、今年の発表会は大人率が高いかも、と先生。あらら。

スケール
小野アンナ教本より「Scale in Sixth」

今までで一番よかった。けどE線がイマイチ。

Sevcik

No.9 実は左手人差し指の付け根にガングリオン(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3)ができてしまい、最近ちょっと大きくなってきて、楽器にあたっていたいのです。それを先生にお伝えしたところ、次回はD線のとこからやることになりました。

No.24 OK。

KAYSER No.16

だいたい弾けているので今度は右手ね、と先生。6つの音で1弓なんだけど、弓の端から端までたっぷり使うこと。

Millionaire's Hoedown / H.Clebanoff

前の日、家で練習してたら楽しくなったw ようやく慣れてきたようです。その感じが伝わったのか合格。

Concerto No.4 / F.Seitz

ザイツの4番?? 聴いたことないです…。まぁ結局重音がずじゃじゃとかなんだろう。1ページ目だけ先生と弾いてみたけどむずかしい。「発表会これにしてもいいかも」マジすか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。