スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)133 伸びしろゼロ。

最近練習してません。でも澄ました顔してレッスンに行く(´Д`)

スケール
小野アンナ教本より「Scale in Sixth」

指の間隔を開くときの和音はもっと開かないと。

Sevcik

No.8 OK。

No.24 OK。

KAYSER No.15

スピッカート、とにかくいい音で響かせるように意識して。もうちょっと。

Millionaire's Hoedown / H.Clebanoff

弓をゴシゴシこすり付けるように。1本の指で2本の弦を一緒に押さえるときの音程はもう少し高めにとること。

今週末、モーツァルトの本番だから気持ちが落ち着いていない…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。