スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンサンブルレッスン 1月

午前中、ものすごい強風のなかランニングをして(まぁほとんどウォーキングでw)、午後はアンサンブルレッスンへ。さすがにちょっと疲れました。

さてレッスン。

1stが5人、2ndが1人という状態でした。風邪はやってるからねぇ。Va2人、Vc2人。本番では1stを弾かれる先生が今日は2ndを一緒に。

1楽章は去年みなさんやっていらっしゃるので、色付け程度。(私はやってないから必死) フレージングの確認とか。

1楽章の途中まではすっごく集中して練習してあったので、音色はイマイチだけど、左手は結構体が反応する感じでしたが、後半練習不足で「えぇ!なにそれ」みたいなとこ連発。いかんですわ…。

ここで先生から「本番で緊張しないためにはどうすればいいか」「忙しくて練習できないときは日常をどう過ごせばよいか」ということについてありがたいお話が。

ちゃんとプリントが配られて、理論的に説明していただきました。先生にとっては企業秘密かもしれないのでここには書きませんが、なるほどなぁと思ったのは

「ふだんから周囲に反応できるように訓練する」

ってことでした。ご飯作りながらとか、掃除しながらでも、ほかのこともしながら過ごす。

ホルンは、オーケストラや木管アンサンブルをやってきたので、結構周囲に反応しながら吹いてるつもりですが、バイオリンとなると、楽器のコントロールで精一杯になりがちなので、ふだんから気をつけるのは大事だなぁと改めておもいました。

それをふまえて2楽章。

弾く前に「視界に何が入っているか」「何が聞こえるか」「足は動くか」(弾く時は動かさないけど、体が固まっていると楽器を構えたあとに足が動かず、それはよくないので)など確認してから弾きました。

あと、気持ちが楽になった先生のお言葉。「出してしまった音はもう取り消しようがないので、先へ先へいくこと」そうだよね!

駆け足で3・4楽章も通しました。そして4楽章、ちょっとぐちゃぐちゃになったところをパートごとに確認していたときに地震発生!びっくりしましたが、ちょうど弾いてたVaとVcさんは気が付いてなかったです。

ちょうどもうすぐ終わりの時間だったのでこれにて終了。あと1回練習したら本番です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。