スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)118 ほぼ先週のこぴぺ。

日曜日は先生の個展に行ってきました。

バヨもビオラもお上手でしかも絵も個展を開いちゃうレベル。すごすぎる。
ギャラリーでは先生の演奏が聴けました。しかし「ふるさと」を2回も歌わされたのはびっくりw

(前日まで「ふるさと」を普通に演奏していたらしいのですが、口ずさんでいる人がいたので、歌詞をプリントして配ってみんなに歌ってもらったところ、2番くらいで声が出始めたので、伴奏をしていたピアノの先生が燃えてしまい「声も出てきたしもう一度歌いましょう!」となぜか大変なことに…)

「まさか『ふるさと』を2回も歌うとは思いませんでした」と言ったら、先生ウケてました。教室の人にもたくさん会いました。

スケール
小野アンナ教本より「Scale in Six」

とにかく下の音を意識して。あと、弓をしっかり使って鳴らす。(左手気にしていると右手が小さくなるので)

Sevcik

No.10 OK。

No.24 OK。ページの最後までいったので、もう一度頭から。

WOHLFAHRT No.53

とにかく下の弦が4の指で上の弦が2の指の形に慣れること。G線とD線以外は少しはまともになってきた。

WOHLFAHRT No.54

たまに確認のために1音1弓で弾いてみるとよい。

Air Varie No.3 "Norma" Op.118 No.3 / C.Dancla

先週から進歩なし…。いい加減疲れてきたけど弾けないんだから仕方ない。3ページ目、ゆーっくりでいいからやってみること。

ギャラリーで先生がベートーヴェンのメヌエットを弾かれたのですが、今まで別に好きでも嫌いでもなかったこの曲にビビビとやられました。「私も弾きたい!」と言ったら「いいですよぉ、今度やろうね」とのこと。そのためにもエア・バリエを終わらせなくては。

コメントの投稿

非公開コメント

多彩(才)な先生ですね~!

先生の個展…ってお知り合いかご家族の方だとばっかり思っていましたが、ご本人とは!でも、観て、聴いて…歌って!?行く方も楽しみ倍増ですね~。

>>ベートーヴェンのメヌエット

あ!ひょっとしたら私がついこの間までセミナーで弾いていた曲では…!?ピアノではベト子だった私も、ヴァイオリンではほとんど弾いた事がbなくて新鮮でしたvvv

そのセミナーでは国産馬の毛に毛替えした弓で臨んだのですけど、いつになく柔らかい音が出て気に入りましたよ~♪オススメです♪

ありこさんへ

こんにちは!

ほんと、いろんなことができる先生です。手先も相当器用です。弦交換やアジャスタもあっという間につけちゃうし!(最近は老眼で見えにくい!とブーブーですが)

ベートーヴェンのメヌエット、そうだと思います。いわゆる「ベトメヌ」ですね。(何がじゃ^^;)

私もオケ時代はベトベンはよくやったのですが、バヨ曲では初めてかな…。

国産馬ですか~。惹かれます!やっぱり国産ですよね。しかし私が頼んでいる工房にあるのだろうか…。聞いてみます。
プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。