スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)117 鏡あそび。

週末は関西に行ってきました!

ww.jpg sannen.jpg gosyo.jpg

初日はユニバーサルスタジオに行って乗り物たくさん乗って、ショー見て(写真はウォーターワールドのショーです)、翌日は京都に行きました。御所の見学ツアーを申し込んだので解説つきで御所見学しました。

スケール
小野アンナ教本より「Scale in Six」

ト長調。探りながら弾くのではなく、指の位置関係を考えて次どこに置くかきちんと決める。

Sevcik

No.10 OK。

No.24 OK。弾いてて小指の付け根から下にかけて超痛かったので「痛い~」と言っていたら「筋肉使ってるから!」と励まされました。がんばれ、私の筋肉!

WOHLFAHRT No.53

できなーい。下の弦が4の指で上の弦が2の指って、3度では当たり前なんだけど、ほんと難しい。届かない。

WOHLFAHRT No.54

音程が定まってきたので次は弓。普通に解放で弾くのと同じようになめらかに弓を動かすこと。(σ(・∀・)カクカク星人)

Air Varie No.3 "Norma" Op.118 No.3 / C.Dancla

音を追うのに必死すぎてフレーズ感なし。もっとつなげて。

2回目は先生と一緒に弾いたのですが、テンポの揺らし方などもっと派手にやるといいのね、と実感しました。

そして、お友だちのかぴばらさんに教えてもらったモーツァルトの「鏡」という楽譜。楽譜を上からと下から見て同時に弾くというデュオの曲です。先生に「こんなの~」とお見せしたら「私持ってるかも」とのことで、本棚ガサゴソ。ありました!

というわけで先生上から、私ひっくり返して下からで弾いてみました。

プハハハ~。

なかなか楽しかったです。かわいらしく、ふざけた感じで、それでいてきれいな曲。偽作、もしくは偽作かもしれないという意味のAnh.Cがつく曲らしいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。