スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)114 懐かしのショルキー。

お部屋に着くなり「キーボード持ってる?」と先生。「ショルキーなら」と私。来月、先生がイラストの個展を開くのですが、土日はばよ演奏もするそうです。その時にピアノ伴奏の人に弾いてもらうキーボードが手配できずに困っているらしい。

ちなみにショルキーってこんなの。お役に立てずスミマセン、先生。

img7d3440c0zikczj.jpg

デモボタンを押すと、ワム!の「ラスト・クリスマス」が流れるスグレモノです。(大学生のころに買った)

スケール
小野アンナ教本より「Scale in Six」

1本目のハ長調やったら上の方高すぎて楽器落としそうになった。ので、低いト長調を。これも下をしっかり聞きながら練習すること。
確かに6度は楽だ~。

Sevcik

No.10 OK。

No.24 手がつりそう。どうにか合格。

WOHLFAHRT No.53

人格と音程と音色が崩壊し続けながらも継続。あまりにできないっぷりに愕然。

WOHLFAHRT No.54

1度弾き、もう一度先生と弾いた。継続。

Air Varie No.3 "Norma" Op.118 No.3 / C.Dancla

2ページ目までやってきたんだけど、やっぱりすっごく難しい。

「ダンクラのエアバリエってどれもおんなじくらいの難易度かなと思って適当に曲決めたら難しかったね…」と先生。

ψ(`∇´)ψクォラー!

「でもこの難しいのを超えれば、次また楽になるから」と。ま、そうね…。

出だしの2小節、単純そうに見えて実は難しい。押しつけるわけではないけど、弦に貼りつく感じで弾くとよい。

難しいけど数こなすと弾けるようになってくるところも出てきた。でもまだ3ページ目は弾ける気がしない!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。