スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)113 カルガモ奏法

カルテットもアンサンブルも楽しいのですが、まずは何と言っても毎週やっているレッスンの曲をしっかり弾かなくては。

スケール
小野アンナ教本より「Scale in Third」

6度の方持ってくるの忘れたので(全部持ち歩くと重いので)、3度のみ。まず両方押さえながら下の音だけスケールで弾いて、それから両方弾く。下をしっかり聞きながら。

Sevcik

No.10 OK。

No.24 もっと楽器の上に手を出しちゃってよい。来週もこれ。

WOHLFAHRT No.53

人格と音程と音色が崩壊し続けながらも継続。

WOHLFAHRT No.54

途中まで練習してきたので弾いて、もう1回先生と弾いて。弓が苦しいのでまだ半分返してよいのでちゃんと弾くこと。

Air Varie No.3 "Norma" Op.118 No.3 / C.Dancla

アップの移弦、もたついているとリズムがカクカクするので先に先にって弾いてみること。

最初のテーマはテンポゆらしていいのでそれっぽく弾くこと。(ためたり早めたり)

ver.2まで弾いてから、テーマを久しぶりのカルガモ奏法で(先生がちょっと弾いて、私がついていく)音の確認。

弾き終えてから「ちょっと難しかったかなー」と先生。「でももう3rdまでだけで弾ける曲もそんなにないのよ」と言われて、「いいんです…、練習します…」と私。(今回は5ポジまである)

はぁぁ。でもやるぜ!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。