スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson 12 分散和音その2

ばよりんやびおらを弾くときに、顎にハンカチを挟んでいる人と挟んでいない人がいるのはなぜなんだろう、と常日頃思っていたけれど気づいたら自分も挟む人になっていました。汗かくからなんだねー。

A線の開放を弾いていたら先生がニコニコ。「音がかなりしっかりしてきたし、弦への吸い付きもいいですよ」とのこと。先週から親指の位置を変えたからだと思います。もっと早く変えていれば良かったんだけどね…。というわけで今後はレッスン時に開放弦を弾くのは卒業です。うぉぉ。

D-dur→分散和音をやったあとに、分散和音その2を教わりました。その1は「D-F#-A-D-D-A-F#-D」だったんだけど次は「D-G-H-D-D-H-G-D」。音自体は普通の和音なんだけど指がとっさに出なくて大汗をかいてしまいました。その1は「開放→押さえ→(移弦)→開放→押さえ」だったけど、その2はD以外は全部押さえなくてはならないので超しどろもどろ。とりあえず1つの音を2回ずつ弾いてきれいに鳴らせるように練習すること。

次にG線の音階も練習しました。G線は今までほとんど弾いていなかったんだけど範囲を広げることになったのです。

曲は「アレグロ」と「ぶんぶんぶん」と「得賞歌(前半)」。アレグロはちょっとヘロヘロだったけどどうにか終了。なんかスタッカートをしようとして変に弓が跳ねていたので、普通に弾いても長くは聞こえてないから無理に跳ねなくていいですよ、と言われました。「ぶんぶんぶん」はやはり何故か上手らしくて先生に不思議がられました。

今日の新曲はやはりスズキの「アレグレット」。初見で弾いてみましょうといわれて上へ下への大騒ぎ。指番号を見ながらひぃこら言いながら弾きました。そして楽譜の段を読み間違えました。(ホルンではほとんどやったことがなくて、弦の友だちが「本番で段を飛ばした~」というのを聞いて、そんなことあるのかと思っていたけどまんまと飛ばしました) 先生に「今は音符を見て弾きましたか?それとも指番号ですか?」と聞かれて「指番号です」とお返事。音符はほとんど見てなかったです(たぶん2割くらい)。先生が「私も指番号で見ちゃうんですよねぇ」とおっしゃるので少しほっとしました。

この曲を何度か練習して今日のレッスンは終了。今日もたくさん汗をかきました。そして今日で3ヶ月。少しは進歩したかなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。