スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)111 先生への告白…。

職場にバイオリンの上手な人がいます。(子どものころからスズキメソードで練習に励み、今も市民オケで弾いている) その方ともう1人ばよ仲間と3人でお昼にたまにアンサンブルをしているのですが、その2人が月に一度習っているアンサンブルのレッスンに参加させてもらうことになりました。曲はモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の2・3楽章。

ちなみにお昼はモーツァルトのディベルティメントKV136を練習しています。(バヨパートだけで)

そしてそのお昼アンサンブルを目撃した職場のビオラの方に、ハイドンの「皇帝」(弦楽四重奏曲第77番)をやりませんか?とお誘いを受け。

なんか一気にキャパオーバーっぽい!

先生になんて言おうかなぁ、と思ったけど、普通に全部言ってみました。そしたら「いいじゃん!頑張ろう!」って言ってくださって。やることになりました。

スケール

小野アンナ教本より「Extended change of Positions - Connection of the 1st with the 3rd, 5th, 7th Position」

G線。7ポジになるとき、楽器を持ち直さないと届かないときがあるので、なめらかに弾けるように構え方に気をつけること。

Sevcik

No.10 OK。

No.24 G線が4の指、D線が1の指とか泣ける。ぐっと人差し指を上に出しちゃうこと。

WOHLFAHRT

合格~。そして次はNo.53。でたー、ひたすら重音。珍百景的な。これに3度の重音がひたすら出てくるので、急きょ小野アンナも3度の重音のスケールに変更。No.53が変ロ長調なので、スケールもそれに合わせて変ロ長調で。

パチーニの主題によるエア・バリエ / C.Dancla

冒頭の主題はよいので、他のところもそういう感じで弾くこと。(ポジ移動の移動中の音も聞かせる)

全体的に上ずりがちなので音程に気をつけて。

そしてエア・バリエを早々に終わりにされて(え?)、ハイドンの譜読み。さっき職場でプリントアウトしてきたばっかりで楽譜も見てないし、曲も知らないんだけど…。

「一緒に弾きましょう」と先生やる気まんまん。久しぶりに引きずりまわされました…。指番号はところどころ書いてあったのでいいとして、ほかにフレーズの弾き方なども伝授していただき、1楽章のCの前まで32小節ほど。

ぐったり。

最後に5分だけディベルティメントも見てもらってレッスン終了。

「頑張ってね~」と送り出されました。(まだまたレッスンあるんですけどね)

アイネクは楽譜をまだ用意していなかったのでやらなかったけど、「確かどこかに楽譜が…」とほんとにやる気まんまんの先生でした。

コメントの投稿

非公開コメント

素敵~♪

ハイドン!そして皇帝!!
私の大好きな曲です^^
確か第2楽章はドイツ国歌になってますね。

ムスーさん、いろんなことにチャレンジされてて
本当に尊敬します(><)!!

そしてやる気まんまんの先生、
なんだか可愛い・・・(笑)

ぽんさんへ

いや~。
職場のお昼アンサンブルは女性3人でのんびりやっていたので
気楽だったんです。最初はカノンとかだったし。

そしたら、ディベルティメントが出てきちゃって。
しかもハイドンまで出てきちゃって。

ハイドンはたぶん1楽章は難しすぎるので、せめてゆっくりめな2楽章だけ(言いだした人が2楽章希望)と思っているのですが、
1stバイオリンのお姉さまは「2楽章はだるい」とおっしゃっていて。
どうなることやら。

アンサンブルレッスンは来年2月に発表会があるそうです。
それも楽しみ!

アンサンブルいいですね!

>>モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

私も3年くらい前…まだ3ポジがやっと安定してきたくらいの頃にセミナーで第一楽章を弾きましたが、ヴァイオリン難しいですよね…なんか、各パートの音が反響しあってカオスになりません!?

>>ハイドンの「皇帝」(弦楽四重奏曲第77番)

これも去年セミナーで一部やりました!たしか、ぽん様の仰っている第二楽章を。
これ、チェロパートがすごくいいんですよ~って今の私にはまだ弾けないけれど(苦笑)、私の時はヴィオラなしの編成だったので、どんな感じになるのか興味ありますvvv




ありこさんへ

ありこさん、こんにちは!

まだどちらも合わせていないので、ドキドキなんです~。

アイネクの方は、何人くらいいるのかわからないのですが、
指導の先生の元、カオスにならないよう頑張らないとですね。
チェロはプロの先生が来てくださるそうです。(弾く方で)

皇帝は、私も2楽章じゃないとたぶん無理…。
1楽章の後半、ビオラとチェロのシンコペーションのとこ、超かっこいいですよね!でも難しい…。

実力はないけど、アンサンブルの楽しさは知ってしまっている私(別の楽器ですが)、できるとこだけでも楽しみたいと思います!
プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。