スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)103 お薬の名前はパニオン。

えっと、あのまた1ヶ月ちょいぶり?そして記念すべき100回目のレッスン、当日は100回目ってすっかり忘れてました。オヨヨ。

今日のオープニングトークはむくみについて(笑) 仕事はじめてから足が超むくんでしまい、象のような足になってしまった私に先生はビタミンB1が入っているお薬を教えてくれました。

スケール
小野アンナ教本より「Extended change of Positions - Connection of the 1st with the 3rd, 5th, 7th Position」

なんか今日は調子悪かった。特に降りるとき。なめらかに降りられずカクカクしちゃった。ハイポジのときは指を揃えるくらいだとまだ間隔が広いので、ぎゅっとくっつけること。

Sevcik

No.10 OK。G線が入るパターンだとやたら大きく聞こえる。私の楽器、G線がよく鳴るらしい。いろんな人に言われる。

No.24 OK。いつもお情けでOKだけど。

WOHLFAHRT

No.51 3と4の指は上から叩くように弾くこと。ジリジリやってると音程がよくない。

アレグロ(Allegro) / J.H.Fiocco

この曲、取り組み始めた頃より音が汚くなってる気がする…、ぉぅぉぅ(涙)と先生に訴えると、「松脂もっとつけてみたら?」と言われ、がっつりつけたところ、少しいい感じに。「ちゃんとつけないと滑るのよー」と言われました。

あとは、弓を使いすぎるとすべるので、しっかり弓幅を考えて弾くこと。だいたいテンパると右手がたくさん動いて弓幅が広くなってしまうのよ…。

さくら / 森山直太朗

発表会の合奏で弾く曲。去年は2ndだったけど、今年は1stです。先生と合わせて楽しいなー。

カノン / パッヘルベル

これも私は1st。出だしの長い音符はノンビブラートで、といった直後にビブラートをかける先生…。1度弾いたあと「遅いかしらね?」と言われて「遅いと細かいとこは弾きやすいけど…」と甘ちゃん発言のあと、ちゃんとメトロノーム聞いてみようってなって66を確認。1度目は66より遅かった…。「ちょっと違うとだいぶすっきりするわね」と先生。このくらいでもまぁ弾けるからいいか。(これ以上練習しなくても)

帰りに先生に教えてもらったお薬買って帰りました。発表会までには少しよくなるかな…。むくみ。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログも見に来ました~

さくら / 森山直太朗 と カノン / パッヘルベル は私も知ってる!
1stとゆうのは主旋律のパートですね(ミスは許されない、みたいな笑;)

バイオリン弾けたら気持ちいいんだろうねー。
がんばってねv-266

No title

レッスン100越え、おめでとうございます☆
むくみは大変ですよね。リンパマッサージなんかも効くみたいですが、なかなか自分では難しい・・・(><)
カノン、本番66ですか!!今、私66では弾けない気がします・・・(=д=)

nakagakiさんへ

コメントありがとう!
実は1stといっても、さくらは交互にメロディが出てくるアレンジだし、カノンは輪唱みたいな感じでみんな同じ旋律なんですよ~。
でも頑張らなくちゃね!

ぽんさんへ

カノン、一番細かい楽譜のとこのボーイングが難しいですよね。いつも後半弓が足りなくなるので工夫しなくては、と思いつつ毎回忘れます(爆)
あとボーイングがみんなと逆にならないように気をつけてないとなぁ~。私結構フリーダムすぎて(´・_・`)

むくみはイマイチ良くなりません…。足の横幅と足首が同じ太さになってて悲惨なビジュアルです。発表会までには良くなってほしい!
プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。