スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)97 発表会の曲はアレグロ。

12回分も豪快にサボっておいてナチュラルに復活します。
iPhone買ったらPC開かなくなってさー。(単なる言い訳でございます。PC開いて更新します…)

スケール
小野アンナ教本より「Scales in Octaves」

何週間もやってるんだけど、未だにとんでもない感じ。下降系のとき、半音降りるのか全音降りるのかちゃんと把握して弾くこと。
しかしある程度やったし、難しくて辛くなっちゃうので違うのやりましょう、と。

次は「Extended change of Positions - Connection of the 1st with the 3rd, 5th, 7th Position」

本当は4つの線全部でやるはずが、G線弾いたら7ポジ届かなくて手首がイタタタってなったのでA線とE線だけ宿題。

Sevcik

No.10 短い小指で4ポジのもうさらに上の音とか…。いやん。やっと半分終わった。あと1ページ。あるけど。

No.24 わりと弾きやすいパターンだったけど、苦しかった。

このNo.24やってたら、こないだ小学生の子がポロポロ泣き出したんだって。できないって。かわいいねぇ。

WOHLFAHRT

No.51 楽譜どおりにスラーつけて初めて弾いた。(今までは半分ずつ) パターンによって弓の幅が変わらないようにしよう、と言われ赤面。弾きやすいときはそりゃ素直に弾くよね(笑)

アレグロ(Allegro) / J.H.Fiocco

発表会の曲、これに決めました。最初、別の曲(DurandのChaconne)だったんだけど、思っていたのと雰囲気違ったので、結局これに。4月は普通にレッスンの曲として取り組んでいたのでのほほんと弾いていたんだけど、発表会の曲となったらいろいろやらなくては!って感じで細かくみてもらいました。

譜面通りに弾くのではなくて、フレージングを考えて弾くこと。(譜面はただ16音符がたくさん並んでるんだ…)

あとは弓の配分とか。

こんな曲です。この子ほんとかわいい。ちなみにまだこんなに速くは弾けません…。


コメントの投稿

非公開コメント

よろしくお願いします☆

ブログ訪問&コメントをありがとうございます♪
少し前からブログを拝見していたのですが、なかなかコメントのタイミングがつかめず迷っていたので、すごく嬉しかったです!!
早速リンクさせていただきました☆

WOHLFAHRT51って私の倍速ですね!!!
この本をさくさく合格されるのは、本当に尊敬です。

昨年に引き続き素敵な選曲・・・(≧▽≦)
楽しみです♪

早速ありがとうございます!

ぽんさん、早速コメントありがとうございます!
これでT門下3人組ですね~。

WOHLFAHRTは最近は1曲に1ヶ月くらいかかっています^^;
BOOK IIになってからは特に…。ぽんさんももうすぐBOOK IIですね♪

今度ゆきさんと合奏しましょう!楽譜探してみます。
では、これからもよろしくお願いします!
プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。