スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)85 いい弓買ったんだから~。

久しぶりに見た兄弟子(ハリポタ似)の背が異様に伸びててびびりました。

スケール 小野アンナ音階教本より「P32 Scales and Chords of Three Octaves」

今日から新しい調。弾き終えてから、ほんとはa-mollなのにdurで弾いてたことに気づき「違う」と呟くと、「そう」と先生。途中で言ってよー!!

「ま、調も違うんだけどね、せっかくいい弓買ったんだからいっぱい使って弾くのよ」

まぁそりゃそうだ…。「1音2拍くらいで」と言われがっつり弾きました。しかし先週までAsで、半音高くなっただけなのにハイポジが超きついのはなぜ?

SEVCIK

No.10 →

移弦のときは、何かしら前の弦を押さえている方がよい。

No.24 →

重音といっても、ぎゅうぎゅう弾かないでふわりと響かせるように弾くこと。

宿題は、No.10とNo.24の続き。

WOHLFAHRT

No.47 →

弾き終わってから先生が「またボーイングが内側に来ちゃってるから気をつけて」と。そう。左手がいっぱいいっぱいだと右手の弾ききったときに手前に曲がっちゃうのです。

開放でアップダウンアップダウンをしばらく弾いて、それからNo.47の出だしをもう一回弾く。そんな感じでまた来週~♪

Concertino in Mozart Style / Hans Millies

3ページ目がカデンツァだと、くろこさんのコメントで知った私。先生に言ったら「じゃあカデンツァやりましょ」と一通り弾いてからカデンツァだけひたすらやりました。途中重音がたくさん出てくるところは、いそがないこと。1つで書いてあるけど、実際には2つしか音出せないんだから、割り切って楽譜が2つに分かれているくらいな気分で弾いてもよい(カデンツァだし)

今日は「いい弓なんだから」と何度言われたか(笑) でも弾きやすくてほんと、いい弓です。

ところで先生に「豆まきしました?」って聞いたら「今日節分ってさっき知ったのよ」とケラケラ笑ってました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。