スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)72 あやうくa-moll逃すとこだった。

じゃじゃ馬ツィガーヌさんにまだ振り回されております。ペグチューになったのも合わさってチューニングが大変じゃ。

スケール 小野アンナ音階教本より「P27 Scales and Chords of Three Octaves」

あまり進展なし。9ポジのところで掴めやしない。手の甲の筋が痛いや。

SEVCIK

No.7 →

さくっとOK。そろそろ終わりが見えてきた!

No.24 →

まぁOK。

宿題は、No.7とNo.24の続き。

WOHLFAHRT

No.40 →

最初に解放で弾いてみてから、楽譜通り。「うーん、ちょっと飛ばしすぎかな?」と言われて、もうちょっと圧をかけるように弾きなおして、まぁOKでしょ、と。でも念のため、もう1週やる!

No.42 →

なにげに難しくてハフハフ言いながら弾いておりましたが、あっさり合格。WOHLFAHRT一発合格なんていつ以来だ?

No.43 →

スラーの練習。だけどひとまずはスラーなしか、半分スラーで。やってくること。

Concertino Op.7 / Adolf Huber

んー、いいんじゃない? というわけで終了。次の曲。

「ヴィヴァルディに似てる曲なんだけどね~、こないだやったわよねヴィヴァルディ」
「クーラントですか?」
「違う違う、コンチェルト」
「やってないです」
「えー、うそー、やったわよー」

うそってなんですか、てんてい(笑)

先生は生徒ごとにやった曲をエクセルでリストにしているので、一緒にPCを覗き込むとa-mollのところに「○」が!やってないし!!

というわけであやうくa-mollやったことになるところでした。あぶない~。

「こないだ○さん(ゆっきーさん)が楽譜買ってきた、とかいう話は先生から聞いたけど~」
「その時やらなかったっけ?」

やっとらんがな。

というわけで

Concerto a-moll / Antonio Vivaldi

これがウワサのa-mollか~と感動したのもつかのま、ワタクシ、最初のワンフレーズしか曲知りませんでした…。ま、これから覚えるさ。

ゆっくり一緒に先生と弾いて、でも長いので2ページで時間切れ。あとの1ページはまぁ最初と同じだからやってきてみて、と言われました。楽譜はどうやらあたばよの3巻らしい。

WOHLFAHRTと曲が両方新曲だと翌週辛い…。今週は相当気合いれないとね。

あ、あと11月にパーティ?で弾く曲を先生に相談したら、以前やったリーディングのRondoはどう?と言われました。ちょっとこれも見てきます。よさげだったらピアノ譜くださるって。

コメントの投稿

非公開コメント

先生

むすーさんのしぇんせい・・・

油断ならないですね~(爆


ゆきさんと進み具合が似てるせいもあるのでしょうね
それにしても
「やっとらんがな」には笑えました~

woooさんへ

やったのをやってない、と言われるならいいんですが、
やってないのをやったと思われているのはキケンですね~。

ま、そんなにやりたい曲ならアピールするけど(爆)

ツッコミがさえわたる秋。

吹きました

声出して吹きました。ぶっ!
本人がやってないってのに「うそー」って。てんてい・・・。
最後の1ページが最初と同じだなんて、それこそ「うそー」ですよ。

ウォルファート40番、難しいですね・・・

ゆきさんへ

さすがに「やっとらんがな」とは言えませんでしたが、
先生が楽譜を用意してくれる間、弓をぶんぶん振り回して
遊んでました。

40番ねぇ~。金婚式で結構スピッカートやったつもりでしたが、レベルが違うって感じですね…。
プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。