スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson 8 むすんでひらいて山の中

ダンベル(ペットボトル)運動、なかなか快適です。ただし私の席はエレベーターホールから丸見えなので、いろんな人が行き来する中運動するのはちょっと恥ずかしくてこそっとやっています。上司に教えてあげたら室長も早速やり始め、2人して前かがみになって腕をぐるぐる。かなり怪しいです。

レッスンの順番は、まず最初に開放を弾いて右手をチェックしてもらって、次にD-durとA-durの音階を弾き、それから曲です。曲は先週の「きらきら星」を。ふぅ。昼休みの成果を少しは出せたかな?音程がいいと褒められました。やったぁ。(習い始めて2ヶ月にしては、っていう意味ダヨ) しかし移弦のときに失敗することが多いので移弦の練習。A線-E線-E線-A線とD線-A線-A線-D線。右手大暴れ。

それから新曲をやることに。A線のド#から始める「むすんでひらいて」。初めて弾くときは毎回先生が一緒に弾いてくださるんだけど、先生は容赦なく速めのテンポで弾くのでついていくのが大変です。「手を打って」の「手」がミの音なんだけど、ラからミに跳ぶのが大変で(開放から一気に指3本)ついE線の開放を弾いてしまいました。しかし次の「を」がレなので結局移弦+指3本。キョエ。でもこれはスケールでいつも弾いているのでそんなに抵抗なかったです。しかし2回弾き終えるともう汗だく。

すると先生が「もう1曲やりましょう」と。曲は「こぎつね」。頭の中で曲を確認。これって「山の中」が超大変なのでは…?と聞くと先生にんまり。「さすがですねー」と言われました。だってすごい音跳ぶし。しかし弾くのです。「こぎつねこんこん」はただ上昇すればいいので開放から1本ずつ押さえていけばいいのですが「やまのなか」で大変なことに。ファ#(E線・1)→レ(A線・3)→ラ(E線・3)→ファ#(E線・1)→ミ(E線・0)

・゜・(ノД`)・゜・。 ウワァン

すると先生が「レとラはどっちも指が3本なので、弦を両方押さえておいてラに移るときにちょっと傾けて弾きましょう」と教えてくださる。おぉ、確かにこれは便利だ。(さっきはギュ、ギュ、と押さえなおしました) そして「くさのみ つぶして」のところでまんまと走りました。ププ、下降系は走り易いよね。やはり制御できない楽器だとその辺が顕著です。(いくらなんでもホルンで「こぎつね」吹いても走らないでしょう、たぶん、いやきっと…)

それにしても指がー、指がー、言うことを聞かないです。そして変な音が出るよー。移弦のとき、えいっ!ってすごい覚悟して飛び移るのですごい緊張感あふれる演奏になります。気分は清水の舞台から飛び降りるくらいの勢い。かなりギャンブル性が高いです。ま、それはホルンも一緒ですが。

というわけで超難曲を2曲も持たされて帰ることになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。