スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)55 フォース!

レッスン前に私の前を横切ったのは黒猫。しかしポーの黒猫っぽいイメージではなく、ずんぐりむっくりとした和の黒猫ちゃん。不吉感ゼロ。

ポジション移動の練習(4線とも) 1音1弓、2音1弓、6音1弓

弾き終わったところで、先生。「じゃあしばらくこれはお休みにして、上のポジションやってみましょう」

なんですと?

G線の3rdの1の指でド、2の指でレを取ったあとに、レを1の指で取ってそこから1音ずつピアノで音を取りながらスケール。親指は楽器の際ににょろりと這わせながらです。

上昇系はとりあえず弾き切ったけど、下降系でE線の1の指を押さえながらA線の4の指ってナニソレ!!と憤慨していたら、先生が「手のひらを楽器の上に出しちゃっていいから」おーぅ!なんか全身がねじれてるようなポーズになってました。

来週からは2ndポジションと4thポジションのスケールが宿題になりました。

「4thなんて出てくるんですかー?」「そりゃ出てくるわよー」

でーすーよーねー。はぁ。がんばりまっす。そこからの勢いでトークのお題は「いつか弾いてみたい曲」に。(なぜトーク…)

「私、いつかフランクのソナタ弾いてみたいです」と、先生「でたー。みんな言うのよね」きゃは☆

「まぁでも3rd以上のポジションの音出てきたし、まだいいです(上から目線)」すると先生「あの曲は音楽作りが難しいのよ」。金婚式もそうらしいですね…、先生曰く。

それから「バッハのドッペルとかもなんか~」と言ってみたら「それはそのうちやるわよ~」とニヤリされました。やるのか。うほほい。先生もお約束で「誰のドッペル?」と聞いてくれましたよw ほかにももっといろいろ言ってみればよかったな。

SEVCIK

No.7 →

A線。今週も1の指シ♭&4の指ファの泣けるコンビ。途中のドは固定のはずなのであっちこっちいかないこと。

No.23 →

D線のファ#(2)を4拍伸ばしながら、重音でA線のレ(3)→ド(1)→ラ(0)→ド(1)なんだけど、A線を0にするとき、なぜかD線が0になっちゃうのです!それで「中指」と楽譜に書きこんで、弾く時も「中指!」と念じながら弾いたらうまくいきました。念力です。しかしこんなのゆっくりのSEVCIKじゃなきゃ通用しないぜ。

宿題は、No.7とNo.23の続き。No.23は2巡目だし、2つずつじゃなくて3つずつにしましょうよ、と先生。あい。

WOHLFAHRT

No.36 →

レッスン直前に追い込み練習が効いたのかすんなりクリア。先生に「これ何回目?」と聞かれて、えっへんと「1回目です!」「うん、よしよし。いいですよ」ほめられたー。

次はNo.37。先生と一緒にゆっくり弾いてみます。が、途中で変なとこにスラーが。「あ、ここで降りる」と指番号を書いてもらいました。変ホ長調、♭の取り方に注意。

La Cinquantaine(金婚式) / Gabriel - Marie

猫がバイオリンをチェロのように構えて金婚式を弾いている。そんな夢を見ました。猫はとっても上手でした。

私のイミフ告白に先生大ウケ。発表会の紹介のときに言われたらどうしよう。

毎日毎日こればっかり弾いているおかげか、だいぶマシになってきました。ということで「別の曲も同時進行でやる?」と言われて、登場したのがこの曲。

Pastorale / O.Rieding

最初に先生が通して弾いてくれて、そのあと2小節先生が弾き、私がついていくカルガモ戦法。しかし「ちょっと難しいわよ」とのお言葉通り難しい!まぁ、のんびりやります。

それから合奏の曲。

メヌエット / Bach

これは前の先生のときに習ったので一応弾ける。でもやたら音程悪かった。私は1stなので一緒に1stを弾いてから今度はデュオで。自分の音程の悪さにオエってなりました。曲がシンプルなだけにモロバレ。

さくら / 森山直太朗

こちらは2nd。これまた一緒に。ボーイングがちょっと途中わからなくなること多し。歌ものでボーイングが自己流になる恐ろしい悪癖が…。合奏だからみんなと違うとバレバレ。恥ずかしいから猛練習じゃ。そのあとデュオ弾いてものすごい感激。たった2本なのにめちゃくちゃゴージャスなんですけど!!

「このアレンジめちゃくちゃいいですね!」と楽譜に目をやりながら先生の方を見ると、先生は無言で私、とお鼻をさしていらっしゃいました。おちゃめ。先生がアレンジしたのね!!本番楽しみです。

あと1曲「赤とんぼ」があるのですが、これはまだ難しいので今回は降り番、のはずでしたが、先生が「アレンジもいいし、がんばってやってみる?」と言われて楽譜をもらいました。

「弾けそうなとこだけ弾いて、難しいところは第3のパートを作ってもらうとかないですかね?」とおふざけ発言をしたら、なんと採用されました。名付けて「おみそパート」ひとまず家でさらってみて、ここは無理ぽというとこは簡単にしてもらったり、休符にしてもらうことにしました。言ってみるもんだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。