スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)44 2番目のあいつまで。

レッスン直前に職場で練習しててふと気づく「ここも3ポジじゃん?」大慌てでそっちの指で練習してみたけど、時間切れ~。とっさには弾けないぞ!

スケール(ファーストポジションとサードポジションで1音1弓から、8音1弓まで)

3rdのスケールをぐずぐず(それでも以前に比べたらだいぶ速く)弾いていたら「もっと速く弾いてみよう!」と言われアタフタ。「勢いつけて~!」「のびやかに~!」ばよレッスンというより体操みたい。

ポジション移動の練習(E線A線) 1音1弓、2音1弓、6音1弓

今日からA線のポジション移動の練習も。A線で3rdから1stに降りるときは、E線とは違い、1の指と2の指はくっつけて降りること。

SEVCIK

No.7 →

気を抜くと間違えるので集中!

No.23 →

相変わらず小指の筋肉が不足していて弾きにくい…、でも頑張る。

宿題は、No.7とNo.23の続き。No.23が次回で終了!でももう一度最初からやると弾けるようになっているのを実感できていいみたいなので、リピートかも。

WOHLFAHRT

No.29 →

弓の配分をしっかり!!特にアップのとき。肘にも気をつけて。宿題はできるとこまで。

ヴァイオリン・ソナタ No.3 第2楽章 / Handel

練習はしたものの、押さえっぱなしにする指と離す指が逆になってしまう。バカバカ!もっと練習しないといけません。

今日は先週の続きで最後まで。ここでヘンなフレーズがあらわれた!(楽譜あとでつけよう)

こんなの全部E線の開放のミで弾けばいいじゃん!!超イミフなんですけど!← ギャルっぽくキレてみました。

ぜいぜい。あとはまぁ弾いてみて頑張る。そして最後に2ndポジションがあらわれた!(もうイヤ…) なにこのふにゃふにゃ感。弾いててぼんやりする。

曲を最後までやって残り10分。「どうする?ビブラートやる?それとももう1回弾いてみる?」と聞かれ「もう1回お願いします…」← 実はその前に「どっちでもいいです」と答えてしまったヒト。

曲をもう1回今度はひとりで弾いて(ひとりでできるもん!できないもん!)、それから2ndのスケールの練習をしました。いやぁぁぁん。まぁ避けて通れない道だ。やるしかない。というわけで練習メニューに2ndのスケールが追加されました。

それから先生と少しおしゃべり。「どうしても1stポジションで読もうとしちゃうんですよねー」と言うと、こんなことを教えてくださいました。

・オクターブが出てきたら下の指が1、上の指が1つ上の弦の4
・5度は同じ指(となり合せの弦で)

理屈を知っていれば当たり前のことなんだけど、「なるほど!」と感心することしきり。

今はまだ曲のフレーズでポジションと指の番号を覚えちゃっているけど、いつかはスラスラ読めるようにしたい!

コメントの投稿

非公開コメント

2番目のあいつ・・・

2番目のあいつも・3番目のあいつも未体験な私は興味津々ではありますが
きっと最初は振り回されるんだろうな・・・(笑 

>・オクターブが出てきたら下の指が1、上の指が1つ上の弦の4
>5度は同じ指(となり合せの弦で)
なるほど! っと思いつつ、なかなか覚えられないわ・・・涙

ぎょっ

どえらいハイレベルなことやってはるねんなあ。

1以上のポジション出てくるのがゆううつやあ。

職場で練習ができるんですね♪すげい^^


ギャルムスーさんw

とても濃いレッスン内容ですね~!
2ndポジション、1つ指をずらすだけなのに
なんと難しいのでしょう(笑)

1st、2nd、3rdが出てくると、途端に混乱します。
音階と指番号で結びつけてるから混乱しちゃうのかなぁ?!
う~ん、何かコツはないものでしょうか。

マジやばい

セヴィシックNo.23~、一小節づつ区切らないで~通して弾こうとすると~マジパネェっすよ。(ギャル男風)

3ポジだとまだとっさに音程が出てこないです~。
曲弾きながら単に音的に合ってるでしょ、みたいな感じで・・・^^;


woooさんへ。

3rdも2ndもとにかく練習あるのみ!慣れが重要!って感じでしょうね。
先輩ブログ読んでるとそんな感じです。

しくみも、慣れればなんてことない、という先生のお言葉を信じたいと思います。いやはや…。

ゆ--こりんさんへ。

職場がやたらと広いので、練習する場所がたくさんあるのです。
他にも別の場所で練習している人、たくさんいるみたいです。

私も1ポジ以外は憂鬱なんだけど、先生曰く「移弦の方が大変よぉ」って。
でもね~。まだね~。

Sakuraさんへ。

> 音階と指番号で結びつけてるから混乱しちゃうのかなぁ?!
> う~ん、何かコツはないものでしょうか。

まさにそう!!私の脳、1ポジにしか対応してないんですよ、
コツ!コツ欲しい~。

ゆきさんへ。

ギャル&ギャル男の生徒ですね。先生にフンって鼻で笑われそう(笑)

3rdはほんと、単に楽譜を覚えてるってだけなんですよねー。
でもWOHLFAHRTくんをこないだこっそり見たら、30の先(Book II)が3rdポジションでした。そしたら少しは覚えられるかなー?

ポジ移動

ポジションが変わると難しいですね。
私、音感が悪いから弾いていて少しずつずれてきちゃって、
曲の最後には半音や1音変わっていることも…。
なので、ピアノなので確認しながら弾いているのですが、
絶対音感を持つ娘はポジが変わっても普通に弾いている!
あ~私にも相対音感だけでも良いので身につけたい。

やっぱり、ポジ移動は練習あるのみですね。
私も頑張ろう~!

うららさんへ。

わーい!うららさん、コメントありがとうございます!

私は今のところ、がっつりテープを貼っているので、
軌道修正可能なのですが(笑)、
いつかテープを剥がす日のことを考えると…、
おそろしいです。

体に覚えさせるしかないんですよね~。
でも練習は裏切らない!と信じて頑張っています♪

3rdポジの悩みも人それぞれですね~。
私の場合は理屈も考えず完全に音で捉えていた上、「ぎりぎりまで1stの指を保ちつつ手首から引き寄せ、指を指板に滑らせて持って来なければいけない」ところを、手首固まったまま空中移動?してた(爆)ので、どうしても音を探って余計な音が前後に混じってしまい(笑)先生に「1stの4の指の位置を覚えておいて、1の指をそこへずらすだけ」としょっちゅう言われました…。

弓手もですが、ヴァイオリンって手首のしなやかな動きがとても重要なんですよね~。是非イメージトレーニングして理想のポジ移動に近づいていってください!

>>先生曰く「移弦の方が大変よぉ」

まったくもってその通りです!
これだけは永遠の悩みですよ…うううっ。

ありこさんへ。

こんにちは!「すべらす」感覚がまだ恐る恐るのムスーです。

手首のしなやかさ。本当に大切ですよね~。いまだに「力入れすぎ!」ってよく注意されます。必死になると力んじゃうんですよね…。

がんばるぞぉ。
プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。