スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)46 発表会の曲決定かな?

3月も残り僅か。バタバタですなー。弾けてませんわー。うっうっう。と、先生のおうちに行くと前の生徒さんが。いつものハリポタ(ラドクリフ君に似てる)かと思ったらゆっきーさんでした。

譜面台に乗っていたジプシーマーチの譜面を見て「私のと違う!」とかどうでもいいこと言っててごめんなさい。あはは。でもほんと違った。なぜかは解明されぬまま…。

スケール(ファーストポジションとセカンドポジションとサードポジションで1音1弓から、4音1弓まで)

ジプシーマーチでわーわー言ってたら時間足りなくなった…。

ポジション移動の練習(E線A線) 1音1弓、2音1弓、6音1弓

手が汗かいてたけど、時間ないから粉なしで頑張った。自業自得じゃ。

SEVCIK

No.7 →

今のところ好調、しかしいつヘンな奴がくるか分からないので気を抜けないぜ。← 先の譜面までは見ない。

No.23 →

最後の2つはお情けで○。弾けないし!!(逆ギレ) 最初の2つは愉快なくらいに簡単だった。でも途中からまた大変になるのはよーく知っている…。

宿題は、No.7とNo.23の続き。

WOHLFAHRT

No.30 →

スラーなしでダラダラと弾く。一度弾いて変だと思ったところは色鉛筆で書き込まないとだめだ。

宿題は4つずつスラーで。(本来の楽譜は8つスラー)

ヴァイオリン・ソナタ No.3 第2楽章 / Handel

先週からたいして進歩してない感じがして、気乗りしなかったんだけど(何様?)、しぶしぶ弾く。一応勢いある感じにしてみたけど。でも少しは練習の成果が出ていたらしく「ココ、ずいぶん弾けるようになりましたね」と言われてほっとしました。先生見ていてくれてありがとうございます。

なんか弾いてて音ががさがさするのでやだなーと思っていたので見てもらったら、アジャスターの問題だったらしい。先生にちょいちょいと調節してもらったらがさがさしなくなった。あぁよかった…。

で、発表会の曲決めよーってなって、先生に何曲か候補をだしてもらって弾いてもらいました。そしたら「あ、これはレッスンでやりましょう」となって次の曲が先に決まってしまった。キュヒラーのNo.12の1楽章。ほへ。

他の候補はこの曲の2・3楽章かポルトノフ?のコンチェルトか有名な金婚式と。ポルトノフのがいいかな、と思ったけどちょっとムズいかも…、と思ったら先生も「これはちょっと大変かもね」とのことで、金婚式で仮決定。

ひとまず曲聴いてみます。出だしだけは聴いたことがあるけど、よく知らない。
スポンサーサイト

SOS2010 春の陣 発表します。

アメブロの方で発表したのですが、こちらの読者様のためにも発表します。(紹介はアメブロのフォーマットで)

1.名前:ウ--娘(woooさん、ゆ--こりんさん、ムスーによるユニット)
2.曲名:アマリリス(フランス民謡) + エーデルワイス(R.ロジャース)
3.テーマと曲の関係:春なので花のタイトルの曲にしました。
4.バイオリン歴:woooさん=1年7ヶ月、ゆ--こりんさん=2年11ヶ月、ムスー=2年1ヶ月
5.曲の解説とか、選曲の動機とか:合わせが1日しかなかったので、事前に練習できるようにテキストから選びました。
6.その他いろいろ:緊張したけど楽しかったです!



woooさんが素敵な動画を作ってくださいました。ありがとうございました!

Lesson (2-)45 音程はシビアに。

前日ウ--娘アンサンブルでガンガン弾いた結果、翌日左手人差し指が痛くなりました。力みすぎだな…。

スケール(ファーストポジションとサードポジションで1音1弓から、8音1弓まで)

いつも通り。(下降系の移弦のときに「ガツッ!」とか「ギュワッ!」というのを直したい…)

ポジション移動の練習(E線A線) 1音1弓、2音1弓、6音1弓

A線の3rdの2の指が低くなりがちなので高めに。

SEVCIK

No.7 →

難しくはないけど、指がつかれる。でもいい感じ。

No.23 →

最後の2つというだけあって難しい!!でも家で弾くより弾けるのは、先生のお部屋が暑いくらいにあったかいからかもしれない、と思った。寒いの平気だからといって、あまり室温の低い部屋で練習しない方がいいのかな…?

家で弾くよりは弾けると言っても、いつもよりは全然できない。よって再履修。あと、予告通りNo.23をまた最初からやることに。少しは弾けるようになっているのかしら…。

宿題は、No.7とNo.23の再履修と最初の2つ。

WOHLFAHRT

No.29 →

宿題ではできるとこまで、ということだったけど、勢いで全部弾いたぜ!先生も勢いで○くれた! ← ぉぃ。

そしてとうとうBook I最後のNo.30!なんか指変なんですケド…。でた~!必殺「1stのポジションのまま4の指を無理やり伸ばしてさらに半音上を弾く奏法

「1の指をちゃんと置いたままでね」と先生。ただでさえ短い小指が…、筋肉のない小指が…。(ま、手が小さいわりには小指は言うほど短くないですけどね。約5cmです。ちなみにおそらく人より短めと思われる薬指は6.7cm。今測ったら人差し指と薬指が同じだった。)

スラーついてるんだけど、ひとまずスラーなしで練習。

ヴァイオリン・ソナタ No.3 第2楽章 / Handel

なんとかつっかえつっかえ最後まで弾いたけど、はっきり言ってどうにもなってないレベル。今週は花の曲とかほかの余興とかばっか弾いてましたからねぇ、ごめんなさい…。

2回目は先生と一緒に。そして音程が甘いところを確認。

3回目一人で弾いてここで終了。「まぁ、名曲だしもう一週やりましょう」素直に頷く私。今日はここまで!

初めてのアンサンブル。

いつもはいそいそ一人でバヨを弾いている私ですが、今日は違うのさ。
アメブロのバイオリン習ってます部のWeb発表会「SOS2010 春の陣」のために結成されたユニット「ウ--娘」の初顔合わせにしてレコーディング!鼻息も荒く池袋に向かいました。

ウ--娘とは
woooさん
ゆ--こりんさん
ムスー
からなるアラフォー3人組のユニットです。

ブログやツイッター、メールではお話ししてるけど、お会いするのは初めて!ドキドキでしたが、そこばバヨ仲間。早々に打ち解けて、楽しく合奏できました。

曲は事前に決めて練習しておいた「アマリリス」と「エーデルワイス」。この本から選びました。

Grade A バイオリンパートナー ソロ&デュオ 2Grade A バイオリンパートナー ソロ&デュオ 2
(1998/12/10)
野口 道子岡本 かほる

商品詳細を見る


他にもいろんな曲があったので抜粋してお遊びでも弾いて。楽しかったなぁ~。

woooさんが発表用の動画を作ってくださったので別記事でアップします。

Lesson (2-)44 2番目のあいつまで。

レッスン直前に職場で練習しててふと気づく「ここも3ポジじゃん?」大慌てでそっちの指で練習してみたけど、時間切れ~。とっさには弾けないぞ!

スケール(ファーストポジションとサードポジションで1音1弓から、8音1弓まで)

3rdのスケールをぐずぐず(それでも以前に比べたらだいぶ速く)弾いていたら「もっと速く弾いてみよう!」と言われアタフタ。「勢いつけて~!」「のびやかに~!」ばよレッスンというより体操みたい。

ポジション移動の練習(E線A線) 1音1弓、2音1弓、6音1弓

今日からA線のポジション移動の練習も。A線で3rdから1stに降りるときは、E線とは違い、1の指と2の指はくっつけて降りること。

SEVCIK

No.7 →

気を抜くと間違えるので集中!

No.23 →

相変わらず小指の筋肉が不足していて弾きにくい…、でも頑張る。

宿題は、No.7とNo.23の続き。No.23が次回で終了!でももう一度最初からやると弾けるようになっているのを実感できていいみたいなので、リピートかも。

WOHLFAHRT

No.29 →

弓の配分をしっかり!!特にアップのとき。肘にも気をつけて。宿題はできるとこまで。

ヴァイオリン・ソナタ No.3 第2楽章 / Handel

練習はしたものの、押さえっぱなしにする指と離す指が逆になってしまう。バカバカ!もっと練習しないといけません。

今日は先週の続きで最後まで。ここでヘンなフレーズがあらわれた!(楽譜あとでつけよう)

こんなの全部E線の開放のミで弾けばいいじゃん!!超イミフなんですけど!← ギャルっぽくキレてみました。

ぜいぜい。あとはまぁ弾いてみて頑張る。そして最後に2ndポジションがあらわれた!(もうイヤ…) なにこのふにゃふにゃ感。弾いててぼんやりする。

曲を最後までやって残り10分。「どうする?ビブラートやる?それとももう1回弾いてみる?」と聞かれ「もう1回お願いします…」← 実はその前に「どっちでもいいです」と答えてしまったヒト。

曲をもう1回今度はひとりで弾いて(ひとりでできるもん!できないもん!)、それから2ndのスケールの練習をしました。いやぁぁぁん。まぁ避けて通れない道だ。やるしかない。というわけで練習メニューに2ndのスケールが追加されました。

それから先生と少しおしゃべり。「どうしても1stポジションで読もうとしちゃうんですよねー」と言うと、こんなことを教えてくださいました。

・オクターブが出てきたら下の指が1、上の指が1つ上の弦の4
・5度は同じ指(となり合せの弦で)

理屈を知っていれば当たり前のことなんだけど、「なるほど!」と感心することしきり。

今はまだ曲のフレーズでポジションと指の番号を覚えちゃっているけど、いつかはスラスラ読めるようにしたい!
プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。