スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson (2-)40 初めての弦交換。

ちなみにホッテントリメーカーでタイトルを作ったら

「弦交換について私が知っている二、三の事柄」

と出ました。

・切れたら換える
・切れなくても換える
・楽器職人じゃなくてもできる

ってなとこでしょうか。オケでもごくたまに「あ、切れた」と予備の弦を巻き巻き張り張りしてる人を見たことがありました。(弦の話はまた後で)

レッスン前に永峰さんのCDを先生に押し貸し。(押し売りみたいなイメージ)

スケール(ファーストポジションとサードポジションで1音1弓から、8音1弓まで)

ポジション移動の練習(E線) 1音1弓、2音1弓、6音1弓

1ポジのスケール終わって、3ポジのスケールを弾いていたら先生が「もっと速く弾いて!1弓2拍くらいで!」とおっしゃったので超アタフタ。(ちなみに今までは四分音符=60くらいで4拍かけて1弓弾いていました。確かに遅いね) 今後はこの速さで練習します…。

SEVCIK

No.11 →

基本のパターンは今日は2回。そして宿題の63。12音1弓。頭頂部をプスプス焦がしながら弾いたところ、先生に「こうやって弾いてみて」と言われて、12拍数えながら開放を弾きました(1)。

次にDとAの開放だけで12拍1弓「レラレーラレーラレーラレ」(2)。右手をちょっと上げ下げするだけ。(レーは2拍タイ)

それから本来の楽譜通り12拍1弓「レラレミラミファ#ラファ#ミラミ」(3)。

おぉ!最初よりだいぶマトモに弾けるようになりました。こういう練習をしてもう1週。

No.23 →

今回は久しぶりに普通に弾けた(感涙) 嬉しい。

宿題は、No.11は63。No.23の続き。

WOHLFAHRT

No.28 → ナニコレ珍百景 ← 勝手に命名。重音はとにかく弾きこんで角度を体に覚えさせるしかない。これにつきますな。また来週~。

Concertino Op.36 / A.Huber

弾き終えて「うん、まぁ弾けてるんだけどね」キタ━━━(゚∀゚)━━━!! ← 魂の叫び。
「楽譜をよく見て弾かないと」

…。アウアウ。というわけで先生と一緒にスタッカートや弓の配分の確認を。「楽譜通りに弾くのではなく、どこがフレーズの始まりでどこが終わりかを考えないと」これが3歳から楽器やってる人が言われる言葉かねぇ。(´・ω・`)

特によく言われるのが、「弓を使いすぎない」こと。なんだもかんでもたっぷり弾こうとしてもダメ。

さ、そして本日のメインイベント。思い切って言ってみました。「弦を換えてみたいんです…」前に聞いたときに先生が弦を見て「まだ弾けるから換えなくてもいいわよ」とおっしゃっていたので、言い出しにくかったのですが、言ってみました。「いいですよ、何にしたい?」と聞かれ、プチパニック。

唯一知ってる「インフェルドの赤」を言ってみたら「あまり好きじゃないのよね(苦笑)」とのこと。ヒーエー。

先生が取り出したパンフレットみたいのを見ながら「じゃあ…、コレ」とオリーブ(聞いたことあった)を指すと、「それはこういう人とかが使うの」(永峰さんのCDを示しながら)「それに高いわよ」却下。

「あっ、この『オブリガート』っていうのも聞いたことあります」「『オブリガート』もあんまり好きじゃない(苦笑)」先生、敵(じゃないけど)多すぎ…。「あ、『オイドクサ』も聞いたことあります」「あぁ、これはわりといいですよ」「じゃあ候補で~」

ってな感じでうだうだとやっていたのですが、「これどう?『ヘリコア』って言うんだけど、柔らかい音よ~」「あー、柔らかいのいいですねー」「まぁ楽器にもよるから、張ってみないとわからないんだけどね」「うーん、トライしてみたいです」というわけでヘリコアに決定。

「とは言っても、E線だけはこれにした方がいいと思うので、これ張りますね」おーまーかーせー。これというのは「ゴールドブラカット」という弦でした。

「いちいち楽器屋に持っていくのもなんだから、自分で張れるようになった方がいいわよ」と言われ、先生の手元を見ながら張ってもらいました。思っていたよりは難しくなかったけど、きれいに張るのは難しそうだなー。まぁそのうち…。

張ってもらってから音階弾いてみました。「うん、いいんじゃない」と先生にもOKいただき、ヘリコアに決定しました。これが私の定番になるかまだわからないけど、パートナー見つけた感じでちょっと嬉しいです。
スポンサーサイト

永峰高志 ヴァイオリン・リサイタル

去年「NHK交響楽団メンバーによる室内楽シリーズ2009」を聴きに行ったときに、1stバイオリンだった永峰さん。それまで知らなかったけど、室内楽で聴いてから気になっていたので、12月のN響定期でチラシを発見したときは大喜び!これは行かなくては、と霊南坂教会まで頑張って行ってきました。

永峰高志 ヴァイオリン・リサイタル

オルガン:荻野由美子

パラディス:シチリアーノ
ラインベルガー:夕べの歌 / エレジー
ヘンデル:ヴァイオリン・ソナタ 第6番 ホ長調
クライスラー:前奏曲とアレグロ

J.S.バッハ=ウイルヘルミ:G線上のアリア
J.S.バッハ=グノー:アヴェ・マリア
シューベルト:アヴェ・マリア
サン=サーンス(永峰高志編):ポコ・アダージョ(交響曲第3番「オルガン付き」より)
ヘンデル:ヴァイオリン・ソナタ 第4番 ニ長調

アンコール
フォーレ(永峰高志編):ピエ・イエズ(「レクイエム」より)

教会でのコンサートは初めて。一番前の下手側が空いていたのでそこに座りました。
1曲目のシチリアーノから目がハート。教会ならではの響きと、オルガン伴奏、そして優しく包み込むようなバイオリンの音色!

Sakuraさん、発表会この曲だったんですよね。素敵~。

次のラインベルガーは、バイオリンの曲の中で珍しいという、オリジナルがオルガン伴奏の曲とのこと。アルバムのタイトルにもなった「夕べの歌」そして「エレジー」。こうやって解説していただけると聴くときにふむふむ、と聴けてよいです。

夕べの歌 Abendlied夕べの歌 Abendlied
(2009/09/07)
永峰高志

商品詳細を見る


クライスラーの「前奏曲とアレグロ」は、オルガンでやったら絶対カッコいい!と永峰さんが思われた曲だそうで、たしかにオルガンの途切れない音と、メロディの迫りくるシリアス感がぴったりでした。(N響の篠崎さんもオルガンでこの曲を弾かれているそうで「二番煎じではないですよ(笑)」とおっしゃっていました)

休憩中ロビーで売られていたCDを眺めていると、お隣に座っていたおばさまに話しかけられました。なんでも60年バイオリンを弾かれているとのこと!所属オケのトレーナーが永峰さんなんだそうです。今回のリサイタルの曲も全部弾いたことがあるそうです…。

後半はG線上のアリアから。本当にG線だけで弾く演奏を初めて見ました!深く柔らかい音色とオルガンの響きに昇天しそうでした。しかもその後は「アヴェ・マリア」2連発。

終演後はCDにサインしていただき、握手もしてもらいました。ニヒヒ。そしてCDは毎日聴いています。シチリアーノ挑戦してみたいな~。先生にちょろりとアピールしてみようかな。

Lesson (2-)39 ついに3ポジありの曲。

19時ちょうどに先生のおうちをピンポンしても出ない!3回ピンポンして、1回メールして、4回目に先生出ました。前の子が中学生(通称ハリポタ。だってラドクリフ君に似てるんだもん)なので音が大きくてピンポンが聞こえなかったらしい。超あせりました。

先生のご自宅の住所は知ってるし(年賀状出したし)、普段はケータイでやりとりしているのでアドレスも知ってるけど、電話番号を知らなかった…。名刺いただきました。いまさら。

スケール(ファーストポジションとサードポジションで1音1弓から、8音1弓まで)

ポジション移動の練習(E線) 1音1弓、2音1弓、6音1弓

体調がイマイチだったので、耳までイカれてた。かなり慣れてきた1ポジのスケールですら音が合わずひどい有様でした。音感が体調に影響されるって…。ホルンでも若干その気がある私。プロだったら致命的だよねー。(体調がいい時も素晴らしい音感ってわけじゃないデスヨ、念のため)

SEVCIK

No.11 →

基本のパターンは今日は2回。そして宿題の62。6音1弓は相当大変だったけど、次は12音1弓。頭頂部がプスプスと焦げました。

No.23 →

先週よりはできるようになったけど、かなり無理やり。でも先生は許してくれました。ありがとう!先生。いつかちゃんと弾ける日が来るのかしら…。

宿題は、No.11は63。No.23の続き。

WOHLFAHRT

No.27 → 押さえておかないといけない音に「→」をつけたらかなりできるようになった。(最初から書いておけ、と本当に思った) で、まぁたくさん練習したし、今日でおしまい。ということになりました。しかしオクターブの跳躍はむずい。

宿題はNo.28。しかしこれまたナニコレ珍百景的な。先生に先に弾いてもらって、後から弾くのをやったんだけど、重音だらけでやーだーなー。途中まで。

(このNo.28は、WOHLFAHRT習い始めたばっかりのときにページがたまたま開いて目撃してしまったんだけど、なかったことにしていた曲。)

コンチェルト No.2 / F.Seitz

後半、先生が曲に合わせてハミングしながら頭を右へ左へ傾けていて、(先生ノリノリ?)と思ったら、私も弾いてて楽しくなってきました。途中、4重音でガックリだけど。で「まぁ4重音以外はだいたい弾けてるし、いいですよ」となりました。ザイツよ、さらばじゃ!

Concertino Op.36 / A.Huber

3rdポジションの入った曲、とのことで最初に先生が出してきたのはHuberの別のConcertino。「これ前にやりました!」と言ったら「あ、そうか。1ポジで弾いたのよね」とのことで別の曲。2ヶ所だけポジション移動がありまして、そこだけ練習しました。

上がるときは、開放から上がるのでそんなにやりづらくない。
下がるときは、フレーズ変わったときの移動なので間が取れる。

というわけでわりととっつきやすいはずなんだけど、体が言う事を聞かなくて苦労しました。

終わったあとに「ポジション移動なんてなくていいのに」← あまりに幼稚な発言。をしていたら、先生が「1ポジだけで弾く方が難しいのよー」って。まぁ確かにそうなんだろうけど…。いつかこの発言も懐かしく思える日が来るんだよね。そう信じて頑張りますわ。

Lesson (2-)38 「体操選手とぉ~!」

本当は、先週が今年初のレッスンのはずでした。しかし、3が日あけてすぐになんとノロウイルス発症。1週間以上もばよりんに触ることができませんでした。そして8日ぶりに楽器ケースを開いたら、弦が全部緩んでいました。こわいこわいこわい!ごめんね、ひばりさん。

自力でどうにか直してみたものの、普段全部の弦をアジャスターでチューニングしているので、ペグを触るのも怖かった~。レッスン最初にまず楽器を見てもらいました。

スケール(ファーストポジションとサードポジションで1音1弓から、8音1弓まで)

ポジション移動の練習(E線) 1音1弓、2音1弓、6音1弓

スライドさせたあとの先の音がぜんぜん定まらないので、3rdポジションの1の指のとこにもテープを貼ってもらいました。

先生「大人だと見栄えを気にして貼りたがらない人もいるけど、貼った方が効率いいと思うのよ。あなたどうする?」
私「(かぶせ気味で)貼ってください

そして再びスライドする練習。「手に汗かくのでやりにくいです~」「子どもだともっとそうよ。ほら手出して」
ジャーン!左手にベビーパウダー、パタパタ。
これで楽器持つと、触ったところが白くなります。心の中で、弾丸ジャッキーの「体操選手とぉ~!」がこだま。そしてつい先生に「体操の選手みたいですね」と言ってしまいました。さすがに弾丸ジャッキー風には言わなかった。

SEVCIK

No.11 →

基本のパターンは今日は省略(スライドの練習に時間かけすぎて)。宿題の52を弾いて普通にOK。だいぶ慣れてきたってことでしょうか。

No.23 →

思わずスルーしてWOHLFARHT行っちゃって、あとでやりました。1と4でオクターブを取って、3を動かすんだけど、全然言う事をきかない!!人差し指はもっと上にぐっと出してみるように言われました。楽譜を追うまでもなく、今回はここまで。

宿題は、No.11は62。No.23の続き。

WOHLFAHRT

No.27 → ノロあけ、まったく練習していなかったので当たって砕けろ戦法でトライ ← 良い子は真似してはいけません。弾きっぷりが足りないのでもっと弓を使って弾くこと、指をできるだけ押さえたままにすることを確認してもう1週。

コンチェルト No.2 / F.Seitz

もうヤケ。いいとこ見せようという気持ちをまったくなしにして捨てばち戦法 ← 戦法って…。弾き終えて先生「うん、だいたいいいんじゃない?重音以外は」あれ?そうですか?(まぁ、うちの先生はわりとざっくり弾けていればOKな感じだけど…)

で重音の弾き方ポイントを確認して、「もう1週弾いてみて」とのこと。はーい。

真っ白になった左手を拭いて、帰路につく私でした。

レニングラード国立バレエ「新春特別バレエ」

誕生日の1月2日(← おめでたい)、東京国際フォーラムにバレエを観に行きました。

レニングラード国立バレエ -ミハイロフスキー劇場-
「新春特別バレエ」~チャイコフスキー三大名場面集~

第1部「くるみ割り人形」より第2幕 ~おとぎの国~
第2部「白鳥の湖」より第1幕2場 ~オデットと王子、湖畔の出会い~
第3部「眠りの森の美女」より第3幕 ~オーロラ姫の結婚式~

同僚さんが知人から安く買えるの~、と教えてくれたのでどの演目に行くか悩んだ結果、誕生日だし、特別バレエだし、ということで2日に行きました。S席、5桁の金額だったのに、1桁取れてました。安すぎる!

開演前にピットに人が群がっていたので、私も行ってみました。コンマスがなんかの曲をさらさら弾いてました。ホルンはいなかった。まぁいたところで何使ってるかなんて見てもわからないのですが…。

バレエを生オケで見るのは30年ぶりぐらいだったので、ほとんど初めてみたいなものでした。どうしてもバレエよりオケが気になってしまいました。やっぱり同じ曲でも違う感じで演奏するのね!あまり力まないし、歌わないし、不思議な感じでした。伴奏だからだよね。

「くるみ割り人形」クラシックの中で一番好き、と言ってもいいくらい好きなのですごく楽しめました。踊りもバラエティ豊かで見せどころ満載。終曲の時は思わず涙がポロポロ流れました。

「白鳥の湖」ストーリーは大体知ってるし、曲も子供のころにエレクトーンで何曲か弾いたけど、出てくるの白鳥ばっかりでまったりとして寝てしまいました…。

「眠れる森の美女」結婚式のシーン、いろいろな招待客(長靴を履いた猫、とか赤ずきんちゃんとか)がいて、面白かったです。曲は全然知らなかった。(むかーし、トラで行ったオケで有名なワルツだけ吹いたことあるけど)

冬でフィギュアをよく見るからすごく思ったのは、スケートって助走するし、滑ってる勢いもあるから回転するけど、バレエはその場で飛ぶだけなのに2回転とかしててすごかった!足もありえないくらい上に上がるし…。バレエを習っているであろう小さい女の子もたくさん見にきていました。

家に帰ってから、真似してバカ踊りをしたのは私です。
(全然関係ないけど、レッスンでよく弾くリーディングの曲は妙に物悲しいので、バレエ風の踊りが似合う。我が家の定番です。)

2010年、初録音。

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。

お昼にさっそく弾き初めをしまして、録音してみました。今練習しているザイツのコンチェルトの2番、1楽章です。途中までだけど。

別ブログにアップしています。→ (奇)妙なるばよりんの調べ。Seesaa ver.

今年はできるだけ毎日ばよりんを弾くようにしたいと思います。
プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。