スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson 17 親指がずり上がる

最近弾いていると右手の親指がずれてどんとん上にいってしまっています。変な場所で押さえているからかなぁ。それに最初に弓を構えるときの手首の感じが変。先生に持ってもらって比べてみなくては。

今日もG-durのスケール。オクターブ上の方が移弦もたくさんあるし大変だけど、音程はこっちの方がいいらしいです。でも相変わらずGとDが低いです。ホルンでは上ずる音なのでいつも抑え目に吹いているのになぁ。右手はアップで長く弾くときは肘も軽くあげること。

それから「鳥がたよりを」を。4の指が定まらなくてピヨピヨ。それにしてもスラーで弾くのは難しいです。単純に弓を返し返し弾いていたころが懐かしい(涙) 何箇所か弾きなおしたのち今日の新曲「つりがね草」。楽譜によるとスコットランド民謡らしいです。一度弾いてからこの曲なんとなく知ってます~、と先生に言うと「聴いてて音でわかりますねぇ」と言われました。知ってる曲だと音色がいいらしい。ヒヒ。
スポンサーサイト

Lesson 16 親指を曲げる

レッスン。相変わらず右手が定まらないです。弓を持たずに弾き真似だけすればちゃんと手首も動くんだけど、実際持つと硬直してしまうのです。先生に「親指をちょっと曲げてみてもらえますか?」と言われて曲げたら「あ…、右手の親指」と言われました。ですよねー、今右手の話してるんですもんねー。アホだ。

「親指曲げると毛に当たっちゃうけどいいですか?」と聞くと「いいですよー」とのことで曲げて弾きました。しばらくこれで弾いてみることになりました。

G-durのスケールを1音ずつ→スラーで2音ずつ→スラーで4音ずつ。結構練習したけどやっぱりうまく弾けずうなだれる私。移弦のときにもっと腕を動かすこと。(いつも言われてる気がします)

それからメヌエット。もう1ヶ月くらい弾いてるような気がします。軸指を使うときに、軸を離してしまうのがちょっと早いらしいので、もうちょっとギリギリまで押さえておくこと。確かにその方がきれいに弾けました。どうにか卒業。

次に新曲「鳥がたよりを」を弾きました。スラーがたくさんついてて難しいです。「知らない曲だと逃げ腰な感じですねー」と先生ニヤリ。今週はこれが宿題。弓をたくさん使って弾くようにすること。

4日後にまたレッスンだけどその次はお盆でお休みなので宿題をたくさん用意しましょう、と先生。ヒェ。
プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。