スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson 15 全弓

今日はお昼にバタバタとコピーをしていたら昼練ができませんでした。非常に不安な気持ちのままレッスンへ。やはりレッスン前に楽器に触っておいたほうがいいですねぇ。先週懸案事項となった右手の確認を念入りに行いました。先生に「全弓で弾いてみてもらえますか?」と言われて弾くことに。(フラフラしてうまく弾けないけど) 全弓だと右手を確認しながらしっかり弾けるらしいので練習メニューに全弓スケールを追加。

そして先生がじゃじゃーん、と取り出した1枚の紙。それは新メニュー。今日は何じゃろ、と見るとG-durのスケール2つ。ふむふむ、と弾いてみました。一応G線から始めて2オクターブの連続スケールは前からやっていたのでこれは弾けました。「はい、じゃあ次は2つずつのスラーで」これもG線の方はやっていたのでOK、がオクターブ上の方は初挑戦。いきなり移弦でつまづき。うぉーん。しかしどうにかギコギコ弾きました。「はい、じゃあ次は4つずつのスラーで」ナニ!?そんな高度なテクは…、うぅぅ弾きますよ。オクターブ上の方で爆発。頭ススだらけ。(心的描写)

それからバッハのメヌエット。なんかいくら弾いてもうまくなりません(涙) 1日30分弱の練習じゃ足りないのね…。まだ3の指が全体的に低めなので注意すること。練習あるのみじゃー。
スポンサーサイト

Lesson 14 バッハのメヌエット

先週お休みだったので2週間ぶりのレッスンです。昼休みに弾いたらピッチがすごいことになっていました。チューニングはいつになったら自分でできることやら。

先生の前で久しぶりに弾いたらなんか右手に違和感を感じました。先生も「何かちょっと違いますね~」と首をかしげている。なんだろう…。手首が硬いのと、アップの時に人差し指が浮くのが気になるそうです。(アップの時はむしろ人差し指で持っていく感じがいいらしい)

確かに人差し指浮いてるし、アップもダウンも全然手首が返らなくてぎこちない感たっぷり。しばらく弾いてみたけどやわらかくならないので、今後の課題ということでいつものスケールを弾きました。滝汗。

あぁ、それにしても毎回毎回違うところに着地する私の左指。いつかみんなみたいにちゃんとした場所に毎回着地できるようになるのでしょうか…。私は全体的に低めに取っているみたいなので、心持ち手前に指を置くように、と先生に言われました。

曲はまず、3回目の「アレグレット」。昼休みに弾いてる方が上手だなぁ、と思いつつ弾き終えました。先生からは「うん、いいですね」とOKが出て一安心。本当はまだまだなんだけど、この曲も終了。

次にバッハのメヌエット。最初の8小節を弾きました。この2週間の成果を出す!と気合を入れて弾いてみました。音はずしたけど。そしたらOKが出て、後半弾いてみましょう、と。後半はちょっと調が変わるので#になって忙しいのです。弾き終わると「初見でこんなに弾けてすごいですよー」と言われました。すみません、実はコソ練してました…。

今日は移弦でさらに指も変わるときの「軸指」をたくさんやりました。おぉ、これは便利です。指がきれいに決まるとものすごく上手くなった気がします(単純)

2週間ぶりだからか気づいたら40分以上たっていました。今日のレッスン終了~。楽器をしまいながら、なぜ手首が硬くなるのかということを話し合いました。以前スネアドラムをやっていたので、手首は柔らかい方だと思う(実際何も持たずにクネクネさせるとわかる)けど、ヴァイオリンの弓の場合、まだ慣れていなくてドラムスティックより長くて重たいのでフラフラしないようにするために手首で支えているんだと思うのです。手首以外に支えられる場所がわかれば、手首に力を入れなくなるんじゃないかな?という話を先生にしました。先生も1週間考えてみるとおっしゃっていました。とりあえずアップの時は人差し指。

どんより疲れて帰宅後うとうと。

Lesson 13 ト長調

最近どうも首が凝って仕方がないと思ったらどうもばよりんが原因みたいです。確かにびみょーな体勢ではあるけれど…。少し構え方を見直してもらおうかなと思っています。

レッスンはD-durとA-durとG-durのスケールと分散和音から。ちょっとバタバタしてあまり練習していなかったのでいつもよりうまく弾けなくてつっかえてしまいました。(まぁ練習してきても弾けないときもあるのですが) それから2つずつスラーでスケールを。これまたできたりできなかったり。ヨヨ。

それから先週やった「アレグレット」を弾きました。音程の悪さにがっくり。指を置く場所がまだ全然なじんでいないのが原因だと分かっていても、なぜだー!と叫びたくなります。一番音程の悪かった3段目を何度か練習したのち、今日の新メニュー。

「ト長調」。と書くと簡単そうだけど、今までやってきたD-durとA-durとは指が変わるのです!具体的に言うと2の指(中指)は今までは人差し指から離して薬指につけて弾いていたんだけど、今度は人差し指の方にちょっとよせるのです(半音下げる)。せっかくこの指の形になれてきたのに…、うっうっう。

不思議なもので、初めて指を習ったときは「中指が全然薬指の方にいかなーい!」とじたばたしていたのに、今度は「中指が元にもどらなーい!!」なんででしょう…。不思議がっていてもしょうがないので、G線から始めて2オクターブ弾きました。後半はもうヨレヨレ。なのに先生は「次は分散和音です」と容赦ないのです。意識が朦朧となりながらどうにか弾き終えました。

今日の新曲はバッハのメヌエット(でもこのメヌエットは知らない)。「最初の8小節だけでいいですよ」と言われて、あらそう?と思ったけどもう8小節でいっぱいいっぱい!来週はお休みなのでGのスケールと分散和音とこの8小節で十分すぎる宿題になりました。

ところでお昼に毎日同じ部屋で練習しているびよらさんはいつもベト7の1楽章を練習していらっしゃるのです。他の楽章はいいのかしら…。まぁイベントとかで1楽章だけやるのかもしれないしねぇ。でもたまにチャイ5のこれまた4楽章ばかり練習しているのも気になります。
プロフィール

ムスー

Author:ムスー
耳が良くて、甘いものが大好きなオットちゃんと2人暮らしの専業主婦です。以前はオーケストラでホルンを吹いておりました。

初めてばよりんを習ったのは2007年ですが、途中ブランクもあり、2009年2月からまた習い始めて頑張っています。

いくつになったの
リンク
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Book
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。